「 2014年01月 」一覧

心療内科2回目

初診から2週間、2回目の診察。

再診の問診票を渡される。前回からどうだったか、睡眠はどうかみたいな項目が並ぶ。そして今日の診察で伝えたいことや聞きたいことがあるかの項目。
口頭でいろいろ直接いうより、先に問診票に書くほうが落ち着いて書けるから良いかな。

問診票の聞きたいことの欄に前回聞こうと思っていた、自分は社会不安障害(SAD)では無いかと思っている、と書いておいた。

今回も先生の診察前に臨床心理士さんの問診。そこでSADの心理テストをやってみましょうということに。問い自体はこのサイトにあるのと全く同じ。

その後、先生との診察でSADテストの結果的には「重度の対人恐怖症」でSADまではいかないだろうとのこと。SADだともっと人と話したりするときに緊張して堅くなったり、そもそも会話もままならないほどだったりするから、今この診察を通して話している感じではそこまででは無さそうだから、と。

私の場合はシチュエーションや相手によってかなり苦手意識が違うのは自分でも分かっているので、医者の先生と割と普通に話せるからと言ってSADでは無いと言われてしまうのも少し納得がいかないところはあったけど…。でもSADについての本とか情報を見てると確かにもっと症状が重い事例がよく出ているので、そのレベルがSADだと言われると仕方ないのだけど。

その他、薬の効き具合などを話をして、不安症にしろ対人恐怖にしろ長期的に治していくしかない、ということに。

薬は初診に処方されたものから変わらず、

・ユーパン0.5mgを1日3回
・エチゾラム(デパス)0.5mgを就寝前

を今度は3週間分の処方。

もともと精神的なものは波がある上に、薬を飲んだから効いているのかどうかは分かりづらいね…。変に緊張している時とか、ネガティブな気分の時に飲んだら効いたかな?と思ったときもあるけども。

おそらく数ヶ月、もしくはもっと、の長期戦になりそうなので薬飲みながら仕事していくしかないのかな。こういう時に限って、今はストレスの強い作業を割り当てられていて、薬飲んでても辛い時も多いけれど。


心療内科

すでに前の火曜日の話になるけれど、心療内科に行ってきた。

場所は博多駅の筑紫口から歩いて5分かからないくらいのところ。博多駅の近くにはざっと調べただけでも5件くらいの心療内科・精神科があるけれど、ビジネス街というのもあるのだろうが思ったより多い印象。もう少しマイナーな診療科だと思っていたけど…。

初診だったので電話予約をし、朝10時に到着。電話予約の時に年始で患者が多いので多少待たされるかもしれませんと言われていたけれど、実際に行ってみると4人ほど診察待ち、自分の診察が終わるまでに7,8人くらいの人が来ていて思ったより混んでいた。

パッと見た感じは老若男女いろんな人がいたけれど、自分と同じくらいの年代で男性は2人くらいいただろうか…。

初診なので問診票に症状などを記入すると、心理テストのようなものを2つ書くように言われた。20項目くらいのと60項目くらいのと。ストレステストなどでよくあるような例えば「落ち込んでいる」の程度を1〜4くらいで書いたりというようなもの。

その後は臨床心理士さん?の問診。仕事がずっと忙しくて、とか睡眠状態は、不安に感じるシチュエーションは、家族に似たような症状の人がいないかなどなど、15分か20分くらいだっただろうか。問診しながら電子カルテに色々と基礎情報を入力していく感じ。

その後に実際に先生の診察。問診での内容と心理テストの結果を見ながら、主に睡眠について聞かれる。眠りには割とすぐにつけるのだけど、寝起きが良くなく眠った感触があまりないのと、休日などは放っておくといくらでも眠れてしまうんです、と答えると睡眠時無呼吸症候群、夜中に息苦しくて目が覚めたりはないよね?と。体格やら年齢やら疲れているときはイビキをかくことがあるらしい(家族いわく)ので多少は条件を満たしていとは思うけど、息苦しくて目が覚めるというのは無いので睡眠時無呼吸症候群ではないでしょう、と。

そうなると、心理テストと問診の結果からいくと、まずは鬱病ではありません、と。

いま感じている憂うつ感や無気力感は過労が主な原因だろうという診断。ただ、鬱病ではないけれど不安感が強く出ているので不安症の可能性はある。程度的には深刻ではないので仕事を休んだりする必要は無いと。

数年も働き過ぎてればとっくに過労状態だろうし、確かに不必要な不安は感じているので診断的には間違っていない。自分でも鬱病まではないだろうと思っていたし。

不安が強く出ているのでまずは不安感を抑えるための投薬をするということで、
・ロラゼパム 0.5mg 毎食後(抗不安薬)
・デバス 0.5mg 就寝前(眠りを深くするためらしい)
を14日分処方し、それで様子を見てみましょうということに。

薬をネットで調べてみるとロラゼパムはそれなりに強めのもののよう。あまり長期間飲むものではないらしく4週間が目安だとか、依存性が出ることがあるとかきちんと減薬していかないと断薬症状が出ることがあるとか、少し不安にはなるが今は医者の処方を信じるしかない。

診察は15分あったかどうか…。いま思えば、もう少し対人不安(社会不安障害)の症状を強く訴えても良かったのかもしれない。単なる一過性の不安症で片付けられてもきっと根本の解決はしないだろうし…。

ネットなどを色々見ていると保険診療では患者一人に時間かけていられないのが実情、と結構書かれていたのは見ていたので、ああきっと自分もそういう感じなのだろうなとは思ったけど少なくとも自分が今回行ったところは、割とテンプレート的な判断をされたかなという印象。30代のサラリーマンで残業が多くて精神的に落ち込む、みたいなのは良くあるケースなのだろうけど。あと患者が多くて少し急ぎ気味な感じもあったのかも。予約制の病院ではあるのだけど。

ある程度話しは聞いてくれそうな感じの先生ではあったけど、なんとなく、聞きはするけどその結果で治療方針を大きく変えたりするかどうかは微妙な印象だった。自分も病院自体にかかることが年単位で無いし、今回心療内科には初めて行ったのでちょっと場に流された感じもあるので良くわからないが。

投薬された薬を飲み始めて約一週間。会社を病欠したりしていたので、実際に職場でのストレスがかかる場面で薬が効いていそうかどうかはまだ良くわからない。睡眠のほうも2回ほど目覚ましに気づかないまま熟睡していたことがあったので効いているのか?というくらいで、不安感も睡眠もはっきり自覚するほどの効果は感じられていない。

とりあえずもう一週間分あるし、今週の仕事中の精神状態を自分で気にしてみようと思う。次に通院したときに効き具合は伝えないといけないだろうし…。あと次回は社会不安障害についてもきちんと聞いてみる予定。いずれにしても当面はこの病院に通ってみることになるだろうけど、あまり進展が無いようなら別の病院も考えたほうがいいのか。どこに行っても同じような診察になりそうな気もするし、あちこち行くのも面倒だけどどうしてもしっくりこなかったら考えに入れとかないといけないかも。


今の心とカラダの状態

本当は年内に書いてしまいたかったけど年を越してしまった。おかげで新年早々の投稿がネガティブで重い内容だけど、現状なので仕方がない。

最近の自分の心身状態について、ちょっと思うところがあり心療内科に行ってみようかと思っている。

ここに至るまでの経緯はたくさんあるのだけど、思いつくままに書いてみようと思う。

うつ、とまでは行かないとは思っているけれど、半年前、1年前、2年前、もっと昔との自分と比べて明らかに精神状態が変わってきているように感じる。

特にここ3ヶ月くらいで、身の回りのことを含めて何をするにも面倒と思うようになったり、趣味をやってても楽しく感じなかったり、とにかく毎日が憂鬱に感じることが増えて会社に行きたくなかったり朝起きるのが辛かったり、ネガティブなことばかり頭をよぎったり。

会社に行きたく無くなるくらいならまだしも、プライベートがおっくうに感じているのが自分でもすごく違和感があって「なんか変だな」と。

ちょうど先日までの刈谷出張の仕事で、体も心も疲れてしまい、会社を辞めていろんなしがらみから一旦離れるか、それで無ければできれば2,3ヶ月、もしくは半月とか1ヶ月くらいのまとまった休みを取りたいと本気で思い、上司に相談しようと思っていたら、1月から別の案件に投入される予定だったようで、その案件は一人で遠隔地のメーカーに詰めて知見のあまり無い分野の要件定義をやって来なさいというもの。

私にアサイン予定の仕事は案件的に大きそうな感じだったし、一人で行って全部やってこいというところが今の自分には重く感じてしまった。たぶん、やれる人がやればサクッとやれる内容なのかもしれない。

上司も私に対してステップアップ、新たし事へのチャレンジのつもりでこの件を任せたかったようだ。どうやらコーディングなどから離れて上流メインになれという意図も。会社の方向性や上司の立場からすればおそらく正しい考えだとは思う。思うのだが、今の自分には「チャレンジ」とか「ステップアップ」という語彙が必要以上に重く感じてしんどかった。

ただこの話を受けた時、前述のとおりちょうど休みたいと思っていたし、その時の精神状態もあってやれそうに無いと思ったので自分が引き受けられる自信が無いと伝えるのと同時に、休暇の話も一緒にした。

ただ、うちの会社の制度として休職と長期休暇があるのだが、休職は医師の診断書と産業医の判定が必要、長期休暇は留学や長期ボランティアなどの理由でしか取れず、またそれも申請時に証明するものが必要ということで、「案件の間に無給でいいからまとまった休みを取りたい」という要望を叶えられらないのはなんとなく分かっていた。

あえてやるなら、病院に行ってみて診断書レベルの症状なのかどうかというところだろうが、身体的な病気があるわけでもなし、精神状態的にも1ヶ月の休暇が必要と診断されるほどの状態であるとも思えず…。

ただまぁ、何となく今の心の状態を病院に行って相談してみるのもいい機会か、と考えた。何もなければそれでよし、何か医療的に改善できそうな手段があればそれに乗ってみようかと。

…で、福岡の心療内科、精神科を探してみるといっぱいあるのね…。過去にも軽く探してみたことはあるのだけど実際に行ってみようと思って探すとなると本当に迷う。特に心関係は医者との相性があると聞くし、ある人には良くてもある人にはイマイチなんてのはザラのようなので、とは言ってもできればあちこち病院を転々とする時間も取りにくいのでこればかりは…。

なんとなく、うつっぽい、という症状ともうひとつ、SAD(社会不安障害)についても病院で相談してみようかなと思っている。

もともと子供の頃から内気で人と接することは苦手なのだけど、自分の今の状況を客観的に見てみると普通の人ならなんでもないはずのことに対しても不安や恐怖心を感じることがあって、やっぱり変だよなと感じてはいた。仕事やプライベートで誰かに電話するというのがとても苦手だったり、人に話しかけるのが苦手だったり。相手からどう見られるかとか、どんな段取りで話せばいいかとか余計に色々考えすぎてしまうのが自分でも疲れることが頻繁にある。仕事上も面識の少ない人と打ち合わせしたりとかそういうのができないと色々と支障も出てきていて、SADについて調べてみると割と自分に当てはまる内容もあるので、もしかして?と。

自分の中のいろんな要因と心の状態が絡んでいるのでこうやって文章に起こしてもゴチャゴチャしてしまうのだけど、本当はしばらく仕事を忘れてゆっくりしたい、でも会社に属していると簡単にそうもいかない、かといって会社をすぐ辞めるかどうかは悩んでいる、会社からは仕事上のハードルを設定される、でも今の自分はそんなモチベーションでは無い…という堂々巡りのような状態。

正月休み明けには、会社に対して休職するか(できそうか)は報告しないといけないし、仮に休職に持っていくとしても病院に先に行かないとで病院調べをして候補を絞っておかないといけないし、今いるチームに対しても早めに自分が仕事を続けるのか、しばらく離脱するのかは伝えないと作業計画として困るだろうしというのがあってちょっと焦っている状況…。


2014年

年が明けてしまいました。

31日に実家に戻ってきて年越しをしました。実家に帰っても大して用事はないけれど、半年以上帰ってなかったので。

もうここ何年かずっと年末年始はあまりそういう雰囲気に私は浸ってないのだけど、去年は元旦から刈谷で仕事していたことを考えれば今年は年末年始休暇を予定通りに取れたのは奇跡的かもしれない。まぁ休みが取れないほうがデフォルトな状態が異常なのだけど。

2014年は年始早々、休み中にやっておかないといけないことがあるので少し本気出さなくては。

今年の目標とかは全然考えていないので近いうちに。


スポンサーリンク