「 写真 」一覧

東京旅行(2日目)

旅行2日目。

ゆっくりと起きて午前中はホテルの部屋でゆっくり。さすがにエアコン効いた部屋でゆっくりしたくもなるよね…。

この日は夕方から新宿でのイベントに行く予定があったので、昼から外出しても自由行動できるのは5時間くらい。前日の自転車での都内移動でけっこう足に疲れが出ていたのもあって、この日は自転車移動を休んで電車移動にすることにした。

ホテルの部屋にBromptonを折りたたんだ状態で置いたまま、昼過ぎにホテルを出る。

割と中途半端な時間しか無いので東京駅に向かって歩いている間にどこに行こうかと考える。

IMG_0267

旅行自体はまだ3泊4日の予定でまだまだ日は残っているし、EOS 60Dもあるしフラッと羽田まで写真を撮りに行くか…と浜松町からモノレールで羽田へ。

IMG_0270

羽田はいつも第2ターミナルに行く。もともとANAのほうが好きという事もあるし、単にターミナルが新しいからというのもあるのだけど。

第2ターミナルの展望デッキで飛行機を狙う。でもふと思ったのは羽田の展望デッキは防護柵のワイヤーの幅がセントレアより狭い感じがしてすぐにワイヤーが映り込んでしまう。つまり写真を撮りにくい。コンデジで撮ってた時にはまったく気が付かなかったね…。ワイヤーは絞りを調整すればかなり目立たなくとは言え、後から撮った写真を見るとけっこうこんな感じで、ぼんやりとワイヤーが映り込んで…。

IMG_0275

あと離陸、着陸を狙うとけっこう照明灯が映り込んでしまうのも。仕方無いのだけど。

IMG_0383

この日は少し霞がかかっていたのか、滑走路上の飛行機を撮ると少し白っぽく写ってしまう。タキシング中などの近い距離の撮影ではそれほどでも無かったのだけど。

IMG_0481

IMG_0516

ANAの機体が各スポットに並ぶ様は壮観。

IMG_0544

スターフライヤー機を久しぶりに見た。北九州空港でしか見たこと無かったし…。

IMG_0546

バッテリー発火問題など不具合の多いB787も頻繁に出入りしていた。

バッテリーは改修したから大丈夫ということなんだろうけど一連の問題は、せっかくの新モデルの機体にケチが付いてしまった。ANAはローンチカスタマーでずっと開発から関わって就航時は宣伝もかなりしていただけに787=不具合のイメージを持たれると辛いかも。

IMG_0569

そして空港にいくともれなく、立派なカメラ、三脚、レンズを持った人がいる。いつも来ている人たちなんだろうなぁ…。

羽田を後にしてバスで横浜へ移動して少しブラブラしたあと、京急で品川へ。撮り鉄っぽい写真を撮ったり。

IMG_0665

飛行機も電車も連写性能が上がったカメラでパシパシ撮るのは気持ちが良い。

そんなことをやっているうちに、新宿へ移動する時間になったので新宿へ。

紀伊國屋サザンシアターで「将棋対局~女流棋士の知と美~」という将棋イベント。詳細は別のエントリで。

18時に当日券販売開始、19時開始でイベント終了したのが21時くらい。

IMG_0703

さすがにお腹が空いたので新宿の沖縄料理の店で食事。

DSCN1497

ここからホテルに戻ったらもう良い時間だったのでこの日はこれで終了。


EOS 60Dを買った

夏休みの前には、休みが取れるかどうか分からない状況ではあったけれど、休みが取れたらどこか旅行に行こう、そのときにやっぱり写真を撮りたいなぁと思ったわけだけど、いま住んでるところにはコンデジしか持ってきていない。

福岡に帰ればPentax K100Dというデジタル一眼があるけど、そもそも休み中に福岡に戻ることはあまり考えてなくわざわざ取りに帰るのもどうかと思うし、K100Dも6年落ちの機種で少し物足りないところが出てきていたので、この際だから一眼も新しいのにするかな…と数日、ネットをあれこれと見ていた。

正直、かなり幅広く迷った。

最初は、とりあえず安くてもローエンドでも良いから一眼なら良いか、とEOS kiss X50とかNikon D3200/D5100などを見ていた。このあたりならキットレンズセットでも4,5万くらい。ただ、旅行に持って行こうと思うとダブルズームのようなレンズ2本は嵩張るので止めておきたい、そう考えると18-135mmのレンズセットがあるといいのだが型落ちモデルだとそういうセットが無いものもあり、んー、というところ。ただローエンドは初心者向けなのでカメラ重量が軽くできているものが多いので、旅行に持って行くなら軽い方が良いかなと思っていたのもあった。

軽さだけで言えば、ミラーレスも少し考えたのだけどコンデジとの使い分けが微妙になりそうだったのと、ミラーレスもレンズ1本で運用するならそれこそ高いコンデジと同じになってしまうだろうと考えて候補から外した。

ネット上のレビューを見ていると、ローエンドはローエンドなりのスペックだったりする。当たり前だけど。昔に買ったK100Dも割とローエンド寄りのモデルだったし、ローエンドからローエンドへの買い換えもどうなの、という気持ちが湧いてきた。そもそもK100Dを使っているうちに物足りなさを覚えたから新しく買おうという気になっているのだから。

じゃあミドルレンジのモデルはどうなのかと見てみると、型落ちであればプラス2,3万あれば手が届きそう。ミドルレンジの機種もいろいろ考えた結果、EOS 60Dにしてみた。最新モデルには惹かれるけど余裕で予算オーバー。あとこの時点で軽量化は諦めるしかない。

カメラメーカーもあまりこだわりは無く、キヤノン派かニコン派の二択ならニコンを選ぶ。でもなんとなく、というくらいでほとんど根拠は無い。中学生の頃に写真部に入っていたのだけどそこで学校の備品だったF401というカメラ(当然その当時なのでフィルムカメラ)をずっと使っていたので気分的にニコンに愛着があるかな、というくらい。

K100Dを持っているのだから今度もPentax、K5-IIローパスフィルタレスにはかなり惹かれた。けどPentaxはサードパーティのレンズが少なめなこと、納期と価格、Pentax以外の2大メーカー、キヤノン、ニコンも使ってみたかったという理由で今回はパス。K100Dのレンズを使い回そうにも福岡に置いているのでボディだけ買って安上がりには済まなかったのもある。

EOS 60Dは3年落ちのモデルだけど、レビューはけっこう高評価でバリアングル液晶がついているのがポイント。昔、PowerShotのバリアングル液晶のコンデジを使っていたときに便利さは知っていたので、一眼なので基本はファインダーでライブビュー撮影はしないけれどいざという時に役に立つかもしれないと思ったのも大きい。

レンズは、キットレンズが18-55mm、18-135mm、ダブルズームと選べはしたものの18-135が納期が夏休みまでには怪しかったのと旅行中はレンズ1本で行きたかったのでボディと、18-200mmのSIGMAのレンズを別に合わせることにした。空港で飛行機の写真を撮ることもあるので、200mmは無いとなぁ、と。本音を言えば本機で飛行機撮るなら300mmまでは欲しいけどそこまでお財布に余裕は無い。

さて当面はレンズはこの1本の予定。このままキヤノンでレンズを揃えてキヤノン派になるか、と言われると分からないし、何年かしてフルサイズ機が手に届く範囲に降りてきたらその時にまたメーカーを乗り換える可能性もあるし…。安い単焦点を買うことはあるかもしれないけど、それくらいかな。

と言うわけで、アクセサリを含めて10万円以内になんとか収まった。写真だけが趣味では無いし旅行費用も考えると、心理的に10万円超える買い物はちょっと…。

DSCN1448

ということで届いた。

DSCN1449

バッテリーとレンズを組み合わせるとさすがにずっしりとくる重さ。ただこれはミドルレンジモデルの宿命だろう。実際、旅行中は長めのストラップを付けて、斜めがけをしていたり場所によってはカバンの中に入れていたけれど、長時間持ち歩いていると重さを感じる場面が時々あった。選んで買った以上はきちんと持ち歩いて使うようにしないとね。

使ってみて思ったのは、シャッター音は小気味よく個人的には割と好きかも。AFの合焦はもう少し速いといいのだけど、本体のせいかのかレンズのせいなのかはこの組み合わせでは分からず。

旅行中に撮っていて、測光モードの使い分けをきちんとしないとなぁと。例えば神社の参道(森のように木が多いところ)で、最近のようなとても晴れた日だと空と地上とのコントラスト比が大きく、空が白飛びするか、地上が暗く写るかみたいになりがち。

しかもカメラの測光の方式によってはアングルを少し変えただけで測光結果が変わるのか、大きく撮れ具合が変わってしまうクセというか、そういうのに慣れずに苦労した写真がけっこうあったのでこの辺りは勉強が必要そう。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディ EOS60D Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディ EOS60D

キヤノン 2010-09-15
売り上げランキング : 2105

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3IIDC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3IIDC OS HSM キヤノン用 APS-C専用

シグマ 2011-10-14
売り上げランキング : 3180

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1対応並行輸入品 パッケージ品 Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1対応並行輸入品 パッケージ品

SanDisk
売り上げランキング : 355

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR

ハクバ
売り上げランキング : 105

Amazonで詳しく見る by G-Tools


夏休み

2年ぶりの夏休み。

去年から今年にかけて、夏休み、年末年始、GWとほとんど仕事で休みが取れなかったのでフルに長期休暇が取れたのは久しぶり。1年も2年もまともに休めずに働きづめだと人間、心身ともに壊れてくるから…。

ただ、いつものように休みの直前まで本当に休みが取れるかが決まらず(突発事態が起きると潰れる)、何日か前からぼんやりとどう過ごそうかなとは考えてて休みの前半は東京、横浜あたりに遠出しようかと。Bromptonを持って輪行しつつブラブラと街乗りでも。名古屋からなら割と行きやすいのもあり。

福岡へは休み明けの週の後半に社内研修で戻る予定があるので夏休み中は福岡へは戻らずブラブラ現実逃避します。本当に仕事のことを忘れないと、気が狂いそうになるし。

休み後半はまったく何するか考えていないノープラン。刈谷に戻ってくるか、東京からついでにまた別のところに遠征するかは体力とお財布次第になる予定。もうあんまり若くないので主に体力的な問題になりそうな気がするけど。この猛暑で自転車乗ったりすればきっと。

さてそんな夏休みも、金曜日はトラブル発生で深夜2時くらいまで仕事したりと幸先の悪いスタート。本当は金曜日に帰宅したら土曜日から東京に移動しようと思っていたので宿探し、と思ってたけど疲れてそんな暇も無くとりあえず寝て起きて宿探しをしてみた。

そしたら東京や横浜のホテルが軒並み高い。土曜日ということを考えても、アパホテルとかの割と安めのビジネスホテルでさえ1万円台後半の高めの値段設定。日曜日以降の価格と開きが大きいので何かホテルが埋まるようなイベントでもあったんですかね。昼から移動して半日観光して一泊するのにこの値段だったら、次の日に出発をずらすほうが安上がりと判断、初日は近場で過ごすことにして、この夏休み向けに新しくデジカメ(EOS 60D)を最近買っていたので、その試し撮りを兼ねてセントレアへ。

IMG_0032

IMG_0096

IMG_0027

まだEOS 60Dの使い方にも慣れておらず、いろんなモードでバシバシと撮ってみました、という感じ。行った時間が遅くてすっかり暗くなっていたのと、一緒に買ったレンズが明るいレンズでは無い中で手持ちで撮影だったのと、強風で普通にカメラを構えていても手ブレするのでまともに見れる写真は半分くらい。

セントレアはいつ行っても高そうなカメラとレンズを持って本格的に撮影してる人をチラホラ見かける。たしかにもっと明るいレンズがあったら…とか三脚あったら…とか思うけど、そこまでお金かけるかというと二の足を踏む。どっぷり趣味として浸かればまた違うんだろうけど、つかの間の休みに時間を見つけてやってる感じなのでねぇ。他にもやりたい趣味はあるし。

写真を撮っていたら外国の人に声をかけられた。その人もミラーレス一眼っぽいカメラで写真を撮っていて「飛行機の写真が好きか?」とか「いい写真撮れたか?」とか片言の日本語と英語で。私ももうちょっとトークを膨らませれば良かったんだろうが、そもそも日本人相手でもフリートークは得意ではない上に英語で何か言おうと思うと言葉が出てこないしで、後から思うとちょっと申し訳ないことをしたかな…と。

どこの人か聞けずじまいだったけど、福岡空港にも行ったことがあるようで「福岡はいいね、R34からだといい写真が撮れる」と言っていた。「写真撮ったあとはどうする?」と聞かれ「特に何もしない。JPEGで撮ってるし」と答えたら「JPEG?本当に?RAWで撮ってあとで加工しないの?」とかなり不思議がられた。うーん、自分はレタッチしない派(いちいちするのが面倒)でJPEGで撮ったら無加工でflickrにアップロードしたりして見るというやり方なのでね…。

まぁそんな感じでセントレアでの試し撮り。60Dはシャッター音が割と小気味よくて良い感じ。レンズのせいかAFの合焦は速いというほどでもなく普通なのがちょっと撮るテンポが悪くなるけど、今はおおむね満足。明日からの関東遠征でも活躍してもらうつもり。


舞鶴公園の桜

久しぶりにデジ一眼を持って桜を撮りに。

舞鶴公園に初めて行ってみた。さすがに名所だけあるし、城趾の雰囲気と相まっていい写真スポットだった。

IMGP2491

IMGP2438

IMGP2417

IMGP2416

IMGP2457

IMGP2484

IMGP2450

IMGP2512

一眼だけど、どうやらレンズかCCDにゴミが入ってるっぽく、写真にゴミが写り込んでいる。1月に東京で写真撮ったときにも気づいてて、今回はレンズ表面だけ掃除してダメって事はどこか中に入り込んでるってことよね…。きちんとクリーニングしないとせっかくの写真が台無しになってしまうな。


遅めの新年会

いろいろあって社内の新年会を今ごろ。

場所はある人の強力な推しで大名の「うら本」へ。

2011-02-25 23.35.20

2011-02-25 19.58.23

2011-02-25 19.58.39

普段はこういうちょっとお高い店には来ないからなー。

2011-02-25 23.06.04

総勢9人で食べたり呑んだり。どの料理もさすがに美味しかったですね。シンプルな刺身の盛り合わせも良かったな…。

一人あたり6000円くらいかかるってところを高いとみるかどうかだけど、私はまぁたまにはいいんじゃない?とは思う。探せばもっと安くて美味しいところもあるんだろうけど。

こういうお店は4,5人で来るのもいいけど、誰かと二人でゆっくり来るのもいい感じ。サービスは行き届いているし、昔バイトしていたグランドハイアットをちょっと思い出したり。

普段より焼酎を飲み過ぎて帰宅してからバッタリといってしまったのが少しやってしまった感じはあるけど。


PENTAX K100D引退か…?

Pentax Online Shop:smc PENTAX-DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR

広角から中望遠まで一本でカバーできるレンズで、18-55mmの55-300mmの2本体制の私には旅行時なんかには魅力的に映るのだけど、持っているPENTAX K100Dはレンズ内モーターには非対応なので実質使えない…。

K100Dは買ったときは価格もそれほど高く無くて気に入っていたのだけど、AFが速くないし合いづらいことも多いし、最近はちょっと不満。

点灯で色んなメーカーのを触ってみると、ニコンのカメラがAFの感覚とかが自分に合ってそうな感じはしている。でもまぁ、今はあまり一眼の出番も無いので今すぐどうこうというのは無いけれど。このままPENTAX一筋で行くという手もあるけれど、もしかすると宗旨替えするかも。

PENTAX DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WR(フード付) DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WR
PENTAX DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WR(フード付) DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WR
ペンタックス 2010-11-20
売り上げランキング : 3958

Amazonで詳しく見る by G-Tools


リコンフィギュラブルプロセッサが載ったコンデジ

デジカメにリコンフィギュラブルな頭脳を――カシオ「EXILIMエンジンHS」(1/3) - @IT MONOist

GPSが付いたデジカメというより、リコンフィギュラブルプロセッサが載ってる、という理由だけで買いそうになってしまった。

なんか凄そうって思ってしまって。

でもカカクコムのレビューなどを見ていると、ちょっと筐体が大きめとか機能に難があったりしていかにも初号機っぽい感じ。

私もコンデジにはそんなに困ってない(最近は写真も動画もGalaxy Sで撮ってる)ので買わないけど…。でもブラッシュアップした次機種とか出てきたら危ないかも。

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-H20G ブラック EX-H20GBK CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-H20G ブラック EX-H20GBK

カシオ 2010-11-26
売り上げランキング : 3195

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ミラーレス一眼は今買い時か

こないだ太宰府に行ったとき、一眼レフを持ってくればもっと良い写真が撮れたかも…とおもったのだけど、実際のところ一眼レフを持ち歩くのはけっこう重くてかさばる。

かといってケータイやコンデジも進化したとは言っても限界があるように思うし…という層を狙ったのかどうかは分からないけど、ミラーレス一眼ってのがあったなと思い、ヨドバシで少し触ってみた。

たしかに、小さくて軽い。

コンデジを一回り大きくしたような感じのボディに一眼っぽいレンズが付いている。ファインダーは液晶画面しか無いもしくは電子式のビューファインダーが別途付いている。やっぱりフルサイズの一眼の代替として見た場合は、接眼のファインダーは欲しい。でも電子ファインダーはちょっと慣れが必要そう。

たしかにこのボディサイズで一眼の表現力(ボケとか)を得られるのならけっこう魅力的なのだけど、センサーサイズが小さくなる分不利になるとか、出来たての規格のせいもあって、手を出すには時期尚早なのかも。今は規格や商品の立ち上げ期でもう少し技術がこなれてきたら検討に入れるのがベターか。

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) エスプリブラック DMC-GF1C-K
Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) エスプリブラック DMC-GF1C-K
パナソニック 2009-09-18
売り上げランキング : 7201

Amazonで詳しく見る by G-Tools

OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 ツインレンズキット シルバー E-P1 TKIT-SLV
OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 ツインレンズキット シルバー E-P1 TKIT-SLV
オリンパス 2009-07-03
売り上げランキング : 1532

Amazonで詳しく見る by G-Tools


モノクロ写真の思い出と想い

IMGP2126

白黒写真には、カラーには無い雰囲気がある。色という情報を落としたが上での新しい感覚。

写真を始めたのは中学生のころ。運動部に入ったものの自分の運動神経の無さに気づいて、2年生から写真部に入ったのがきっかけ。

写真部に入ったとは言っても中学生できちんとしたカメラを持ってなかった私は、ちょうど学校が部費で買ったニコンのF-401sをほぼ独り占めして使っていた。

私が通っていた中学の写真部は、倉庫を暗室として使っていて、フィルムの現像から印画紙への焼き付けまで行える道具が揃っていた。もちろん現像できるのはモノクロのみなのだが、赤い暗室電球の下で現像体験ができたことは、今思うと貴重な経験だった。おそらくそれが、今でも写真への興味を持ち続けていられる理由の一つだと思う。

その当時、自分で現像できるのがモノクロなので、富士フイルムのNEOPANというフィルムをカメラに詰めてあちこち撮影に行っては、暗室で現像していた。カラーでも撮っていたけど、毎回ラボに現像とプリントに出すと中学生の小遣いではそれなりの出費になるので、最初はフィルム現像だけ出してあとからプリントするのを選んでプリント枚数と料金を節約するとかやっていた。

そんなこんなで、写真もそうだがモノクロ写真にも思い入れは残っている。デジカメを使うようになってからは、基本的にレタッチしないのもあって基本は撮ったままの写真を楽しむことが増えた。

でも今Flickrに保管している4000枚弱の写真もレタッチすることで、また違った見え方がするものもたくさんあるんだろうなと思い始めたところ。

picnikfile_GJh0Do

IMGP2144


「そうだ、京都に行こう」のポスター

今年の夏は大徳寺・高桐院。

2010年 初夏 祇王寺 高桐院編 | そうだ 京都、行こう。~旬の京都観光情報~

初夏の季節とはいってもあんなに緑なのかなぁ...と思わなくもないけど...。

DSCF0836

これは4年前の夏の終わり頃。

写真の定番スポットではあるので、誰が撮ってもそれなりの写真に見えるな。

ああ、またブラリと旅に出たいなぁ。正月もGWも無く働きづめだし...。


スポンサーリンク