「 android 」一覧


プロキシ越えのAndroidソースコードダウンロードがrepoのhttpsデフォルト化で楽に。

kernel.orgがクラッキングされた余波を受けて、長い間AOSPのリポジトリも閉鎖されていたのが、Googleが直接リポジトリをホスティングするように変わって再開した。

すでにAOSPのサイトのソースコードダウンロード方法の説明は新しい手順に書き換えられている。

さて、今回のこのリポジトリの変更で地味な変更が一つ。

repoで使うgitリポジトリアクセスのプロトコルが、gitプロトコルからhttpsになったこと。

repo initで指定するURLも、以前はgit://android.git.kernel.org/platform/manifest.gitだったのが、

repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest

とHTTPSへ。repo syncでもhttpsが使われる。

これは地味にHTTPプロキシが存在するネットワーク環境では嬉しい変更だ。今までは

http only proxy での Source取得 - Google グループ

に書かれているように、repoのスクリプトやmanifestファイルの中に定義してあるリポジトリURLをgit:// から https:// などに手で書き換えたりする必要があったのだが、その手順をしなくてよくなった。ちょっとした手間ではあるけど、社内LAN経由でダウンロードしようとして、ネットワーク周りの知識があまりない人だとプロキシ越えはハマりやすい所だったので。

ただデメリットは、gitリポジトリへのアクセスはgitプロコトルよりhttpsのほうがパフォーマンスが落ちるらしいということ。具体的にはどれくらいか計測したことは無いけれど、少し頭の片隅に入れておいたほうがいいのかも。


11/12に福岡で大規模Androidイベント、Android Make Daysが開催

Android Make Days | クリエイター達によるAndroidとMakeの複合イベント

11/12(土)に福岡でAndroidの大きなイベントが開催されます。

2011/11/12(土) 福岡でAndroidとモノづくりの祭典 “Android Make Days” を開催します。
テーマは「クリエイター」で、アプリ・ロボット・デザインなどを「作っている人」に焦点を当てたクリエイティブイベントです。

日本を代表する福岡内外のクリエイター達による講演
24時間でアプリやガジェットを作り、投票でクリエイターNo.1を決めるMAKEコンテスト。
AndroidやArduinoなどを利用した企業・個人制作の組み込みガジェット・ ロボットの展示

日本Androidの会 会長の丸山先生の講演やyanzmさんこと、あんざいさん、福岡のAndroid開発者の講演、企業セッション、ブースもあるようです。

九州レベルでAndroidをターゲットにしたイベントは初めてなはずなので、定員にもまだまだ余裕があるので参加登録してみてください。

Android Make Days : ATND

実は私は仕事がずーっと忙しくて企画段階から全くこのイベントには参画できていません…。しかし、福岡にはとてもパワフルな方々がたくさんいて、その皆さんの素晴らしい働きでこんな大規模なイベントが開かれようとしてます。すごいなぁ。


Galaxy SにもICSが来る?

Galaxy S、Nexus S、Galaxy S II、Galaxy Tab 10.1はAndroid 4.0にバージョンアップされる予定らしい | juggly.cn

ほんとかいな。

Galaxy Sに出てくれれば嬉しいけど、そもそもデュアルコアじゃないとまともに動かないんじゃないかなー。Galaxy Sはプチフリ問題とかあるし、仮に出てもちゃんと動くか心配。

NFCとか4.0の機能をちゃんと試したかったらせめてNexus SかGalaxy Nexusを入手すべきなんだろうな。


Ice Cream Sandwich

Ice Cream Sandwichがリリースで、さっそく会社でSDKをダウンロードしてエミュレータを起動するもHoneycombの時と同様に重いしなぜかエミュレータごと落ちる現象が頻発。少なくとも不安定なのはどうにかしないと仕事にも影響するのでなんとかせねば。

アプリの4.0向け移植への調査はSDKがあればOKだけど、Nativeレイヤの移植はソースコードの公開を待つしかないということで、

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)のソースコードはGalaxy Nexus発売後2週間程度で公開される見込み | juggly.cn

ふむ。これが本当なら早くて11月のどこかにはということか。噂に聞いていた時期と合うといえば合うな。

あとは実機だが、一応Nexus SにはICSアップデート予定があるらしいので会社のそれに入れてみるのもありかなぁ。

もしくは英国Cloveが予価429ポンドで販売予定のようなのでそれを狙うか。

Buy Samsung Galaxy Nexus | Samsung Galaxy Nexus accessories


Android2.3.4でもADKが使えないGalaxy S

[Galaxy S] カスタムカーネル DarkCore v2.9.3 を入れてみた « Gagdet is not Gadget.

Galasy S国際版に、Android2.3.4ベースのカスタムROMを入れて、これでADKが使える!と思ったのだけど…。

cyanogenの7.1.0-RC7でandroid 2.3.4のくせにadkが動かないのでなんとか動かす - 梅厨 (^o^)ノ <焼き払えー

↑と全く同じ現象に。

自力でUSB関連のJarファイルを入れて、パーミッションも追加して、ADKを使ったサンプルアプリのAPKはインストールできるようになったものの、USBManagerクラスでUSBデバイスが見つからない。上のブログの主もコメント欄に

追記:デバイスをつなげても動作せず

…と。おそらく2.3.4でもデバイス自体、もしくはROMに入っているカーネルやソフトウェアのビルドオプションなどでADK対応、非対応があるんだと思う。Nexus SでもカスタムROMの2.3.4ではADKがダメで純正に入れ直して動いたという話もチラッと聞いたし、何かあるんだろうね。

sola : PandaBoard で ADK を使うために変更した内容

この記事を見ると、単に2.3.4にするだけではなくてKernelなどもADK対応に作らないといけないようで、Galaxy SのカスタムROMでそこまでしてくれないだろうなぁ…。

じゃあ、AcerのICONIA TABのAndroid3.1対応がもうすぐだから、と思っていたら

日本エイサーサポート|お知らせ|ICONIA TAB A500-10S16 Android™ 3.1アップデート延期に関するお知らせ

延期とな。


資料:Inside Android Security

Inside Android Security - kinneko@転職先募集中の日記

Androidのセキュリティについて、カーネルレベルからDalvikVMまで各レイヤでの状況についてまとまっている。

個人的にはAndroid用のセキュリティアプリがIntentベースで監視しているという仕組みを知って、へー、と思ったり。あとrootを取ることによるリスクについても。


Androidに力を入れる仙台と、各地方の技術に合わせやすい?Android

会社で日経なんとかの雑誌を読んでいたら、「仙台がAndroidに力を入れている」というのがあった。

仙台をAndroid開発関連企業の集積地にしたいということで、市も取り組んでるっぽい。

なるほどなぁ、と”仙台 Android"でググってみると、

Androidで震災地の復興を支援、東北発の新計画が始動:復興ニッポン いま、歩き出す未来への道

↑日経のサイトなので自分が見た記事とネタは同じかも。

ASCII.jp:世界に通じるAndroidアプリと人材輩出を!仙台から「Fandroid EAST JAPAN」がカヤックらの支援を受け始動

[連載:企業に直撃!] 「Androidといえば東北」を目指して~カヤック旅する支社・仙台流、東北復興事業~ |エンジニアtype

震災復興と同じくして、カヤックさん始めとしていろんな企業がやろうとしてるんでしょうね。

福岡は県も市もrubyを支援しているので、これからさまざまな自治体がIT技術を掲げて支援するような形が広まるのかもしれない。特に関東圏以外の地域は独自性とITの「比較的場所を選ばない」(まぁ実際はけっこう場所を選ぶのだが)のに着目して産業育成したいということなのでしょう。

AndroidはWebアプリからJavaでのネイティブアプリ、組み込みやハードに近いところ、ロボットやハード制御などレイヤも広く適用できるので、それぞれの地域が既に持っている強みの技術と組み合わせやすいというのはあるかも。

九州で見ると、半導体やロボット系が強いところがあるように思うので、ちょうどAndroidとロボットという組み合わせを良く見るのはたまたまでは無いのかもね。


Arduino+USBホストシールドで非ADK環境を試してみる

USBホストシールドをセットアップ。買った状態ではピンヘッダが付いていないので、ピンヘッダを付けたのだけど…

2011-07-31 14.54.33

スイッチサイエンス/商品詳細 Arduinoシールド用ピンソケットのセット

スイッチサイエンスのサイトを見たら、こんな便利そうなものが。USBホストシールド上のピンとブレッドボードを繋いだりするにはこっちのピンソケットのほうが良かったな。

いわたんlab 日記: AndroidとArduinoをUSBホストシールドでつなぐ(非ADK編)

今回はこのサイトと同じように、Logcatの出力をArduino経由で取得できたところまで確認。

いわゆる「非ADK」で使う場合は、microbridgeというArduino用のADB実装ライブラリを使ってADBのコマンドを使ってArduinoを制御することになるようだ。

microbridge - Android Debug Bridge (ADB) implementation for microcontrollers. - Google Project Hosting

Android側の実装としてはサンプルソースを見ると、TCPポート4567番にサーバソケットを用意し、そことArduino側のmicrobridgeと通信する形。なるほどねぇ。

あとは、この仕組みを使ってどうやって遊ぶかだなぁ。Android + Arduinoは以前Bluetoothで繋いで遊んだので、あえてUSB経由で制御したほうがいいケースってあるかな…。


福岡IT系コミュ合同イベント、future sync vol.1に参加してきた。Androidで動くロボットが凄かった。

future sync 次世代技術を中心としたIT系コミュニティ合同勉強会

7/28にfuture syncというイベントに参加してきた。

福岡のIT系コミュニティ、日本Androidの会福岡支部、九州GTUG、HTML5+α福岡、iDevQ、iPhoneアプリコミュニティ「AppleKnight」の合同勉強会、交流会ということでけっこうたくさんの人が集まってましたね。

15分LTが3本、そのあとは全員でのOST(オープンスペーステクノロジ-)、そして懇親会という流れ。

私はけっきょくずっとAndroidの会福岡支部の部屋にいたけれど…。

2011-07-28 18.47.43

Androidの会では、ありがちなAndroidアプリの話は一切無く、Androidとロボット、藻類培養システムの監視システムへの応用、というある意味突っ走ってるジャンルのLTばかり。

会場に来た人がどの辺に興味があったのかは謎ですが、ロボットは実際に動くところが見られるのもあって興味を引いてましたね。

このロボットなんかは量販も検討しているとのこと(ただコストは20万円くらいかかったとか)。Beagleboard-xmにWebカメラとサーボモータの制御基板を付けて、Androidデバイスをリモコンとして操縦できるという、Androidロボットネタ的には今まで見た中でも完成度が高いものでした。

ロボットの作者さんによる紹介動画を以下に。

イベントは、複数のコミュニティに関連する人が一堂に会したので、人が多い!ただ私はHTML5とかiPhoneアプリ系はあまり縁が無いので、なかなか…。

2011-07-28 20.57.18

感想としては、せっかくコミュニティが集まっていたけど、会場を移動する人がそれほど多くなかったような感じ。自分の興味あるところにずっといる、という人が多かったような気が。あとLT中は会場は開放していたもののやっぱり移動しづらいし、LTの合間に10分なり15分なりインターバルを入れて、各コミュニティの紹介タイムとして、人の移動を促すような仕掛けがあってもいいかなぁとは思った。あとは、同時並行のセッションで聞きたいものもあるので、UstかYoutubeへ動画アーカイブしてくれると「あれも見たかったのに」ということが無くなるかなぁ。体は一つしかないので…。

話によると、またそのうちvol.2も開催するらしいので次回も参加したいすね。


スポンサーリンク