「 android 」一覧

Arduino USBホストシールドなど購入

スイッチサイエンスさんから購入。

届いたときの箱がいい感じ。

2011-07-30 15.42.51

USBホストシールド、ピンヘッダ、測距センサの3点。測距センサは送料無料になる合計金額3000円を超えさせるためのついで買い。

2011-07-30 15.43.54

とりあえず、Android2.3.4のデバイスが無いので非ADKでLチカあたりを試してみるかな…。

2.3.4は国際版Gakaxy S用のカスタムROMがあるのでいずれはこちらにもチャレンジしてみたいところ。


Android SDK Managerが新UIへ

ちょっと思うことがあって、AOSP(Android Open Source Project)のmasterブランチからSDKをビルドしてみた。

SDK Managerを起動すると見た目がガラッと変わってる。

次のバージョンのSDK ManagerのUIはこんな感じになるみたい。

Clipboard02

一つの画面に未インストール、インストール済みのパッケージの情報が集約されてて見やすくなったかも。あとAPIバージョン単位でのソートが行えるようになって、Google APIやベンダ提供のアドインなどの対応もよく分かる表示に。

おそらく次回のSDKバージョンアップあたりで正式リリースになるんだと思う。


「中華フォント」だともはやAndroidデバイスは売れない?

価格.com - 『日本版も一部中華書体らしいですが…』 Acer ICONIA TAB A500-10S16 のクチコミ掲示板

もはやAndroidの日本語フォントはきちんとしたものに入れ替えないと、売れないんですねぇ…。

予約解約するとか、下手するとクレーム入れる人とか出てきそう。

Android標準のフォントは、そもそも「中華」ってわけでもなく、

Droid Fonts from Ascender Corporation

Droid Fontというフリーのフォントデータが元になっている。で、これの漢字データについては、

16000字超の漢字と11000字超のハングルが入った軽量CJKフォント Droid Sans Fallback - しろもじメモランダム

に詳しく書いているように、文字の中の部品を細分化してデータを持ち、それを組み合わせて1文字を作っているという省サイズを目的に作った物。その書体が単に大陸で使われる漢字に似ているということなんだと思う。

今のAndroidのソースツリーには、モトヤフォントがマージされているのでそちらを使えば、標準でも日本語の見栄えの良いフォントで提供できるはずなんだけどね。

確かに、国内メーカーの端末に入っているモリサワフォントの綺麗さが当たり前だと思うと、「中華フォント」はガッカリするんだろうけど…。


repoコマンドでダウンロード済みのソースツリーのブランチを切り替える

repoコマンドを使っていながら今まで知らなかったのが間抜けと言えば間抜けなんだけど。

AOSP(Android Open Source Project)からソースコードをダウンロードするとき、repo initの-bでAOSPの初期ブランチを指定(例えばgingerbread)してソースをダウンロード。そしてその後何らかの理由でそれをmasterブランチなど他のブランチに切り替えたい場合は、同じく

[cc lang="bash"]repo init -b master[/cc](masterへの切り替え)

で良かったのね…。で、そのあとrepo sync。(-d 付きのほうが良い?)

gitなので、おそらくできるんだろうと思ってはいたけれどヘルプを読むのを怠けて、いちいち別ディレクトリを切ってダウンロードし直していた。回線細いのに。

ようやく今日、真面目に調べてみてやり方が判明したのでメモ。

Switching Manifest Branches
---------------------------
To switch to another manifest branch, `repo init -b otherbranch` may be
used in an existing client. However, as this only updates the manifest,
a subsequent `repo sync` (or `repo sync -d`) is necessary to update the
working directory files.


EclipseでのAndroid開発で、ファイル保存の度に時間のかかるapkの生成を行わないようにする

Finer Control Over ADT Build Process - Android Tools Project Site

EclipseでAndroid開発をする場合、ソースコードやXMLファイルを修正して保存するとその場でビルドとapkのパッケージングまでのサイクルが実行される。

でも、例えばある程度大きな規模のEclipseプロジェクトだったりしてビルドとパッケージングにそれなりの時間がかかるような状態だと、ちょっとソースを書いて保存するたびにビルドプロセスが走ると作業が中断されて困る場合もあるのではないかなと思われる。

ADTのバージョン12から、ファイル保存時にパッケージングのプロセスが実行されないようにするオプションが追加になっていて、この設定をONにしておくと、Exportするときもしくは実機やエミュレータにapkを転送する必要があるときだけ、apkのパッケージングが行われるようになる。

設定方法は、Eclipseの設定メニューから"Android"->"Build"->"Skip packaging and dexing until export or launch.(Speeds up automatic builds on file save)"のチェックボックスにチェックを入れればOK。(3番目のチェックボックス)

Clipboard01

これでファイル保存時に少し待たされるような事はほぼ無くなる。ただしJavaとしてのビルドは実行されるようなので本当に一瞬の待ちは残るけど、実際に設定を変えてそれぞれファイル保存してみると違いが分かる。

で、apkの生成タイミングは"export or launch"とあるように、Eclipseのプロジェクトメニューから"Android"->"Export Signed(Unsigned) Application Package"からか、実機やエミュレータへの転送時に生成されるようになる。

Clipboard02

もっと高速化したいという人は、"Automatically reflesh Resources and Assets folder on build"のチェックを外しておくと、各種リソース(文字列、レイアウトなど/resフォルダ以下)と、アセット(/assetsフォルダ以下)についても自動でのビルドが行われなくなる。ただし、ビルド忘れによるあれっ?という事が無いようにする必要はあるけど…。

こまめにファイル保存するクセのある人には、ここで紹介した設定をやってみるといいかも。


ABCサテライト in 福岡 & make勉強会

何ヶ月ぶりかに、Androidの会 福岡支部の活動に参加。

2011-07-17 15.33.48

規模が巨大になってきて、1人で行っても見きれないイベントになったABCというのもあって、今回は現地へ行かずにUstで。

Ustやtwitterを見ていると、現地はやっぱり現地なりに盛り上がってたみたいだけど、やっぱり暑いとか人が多いとか色々あったみたい。

サテライトでは主にガイガーカウンターのセッションと、コミュニティトラックのLTを視聴。

ガイガーカウンター関係の活動が思ったより活発でハードもソフトも勉強会も震災後数ヶ月なのにいろいろ作られていたりと素早い活動をしていて、コミュニティベースの活動のすごさを実感。

LTは途中から見ていたけど、ネタのレベルも高いし、場をつなぐMCも上手だったし、見ていて一番面白かったかも。API総選挙はネタと見せ方が秀逸だよなぁ、とか。

 

2011-07-17 15.28.27

make勉強会っぽいこととしては、Arduino + USBホストシールドをやってる人がいて、結果的にはあまり上手くいってなかったようだけど、動けばすごく面白そうなことをやっていた。ADKも触ってみたいのだけど、ハードもソフトも(3.1も2.3.4の環境)持って無いからなぁ。

ADKもGoogleI/Oで発表された、最初のタイミングで触るチャンスが無くて、すでに周回遅れになりかかってる感じ。せっかくなら最初の波に乗っておきたいけど、逃すとちょっと寂しい感じはするね。

 

コミュニティ活動もそうだけど、仕事の関係などで情報や流行から遠ざかっていると、ほんとについて行けないし波に乗り遅れることがたくさん。まぁ全部の波に乗るなんてことは無理だから自分の好きなのを選んでってなるのだけど、窮屈な仕事の環境だけに埋まっていると、私の場合はオンとオフの気持ちの切り替えが上手じゃないのでオフの時でも気分が乗らなくなりやすい。

今回みたいにエイヤ、っとコミュニティに顔を出して色んな人と話をすると、すごく感覚が戻ってきたというか気持ちが前向きになった感じ。あー、自分も興味あることに手を出さないとなぁって。仕事のほうは少しだけペース調整ができそうな感じになりつつあるので(4月から働き過ぎて上から注意するように言われてる)、忙しかった以前の状況に少しずつ戻していきたいなぁと。

ブログの更新頻度もそうだし、Androidや技術ネタもまた色々やりたいし、コミュニティイベントにも顔を出せるようにしたいし。


Androidタブレット ICONIA TAB A500を使ってみて

ICONIA TAB A500を使い始めてから一週間が過ぎた。はじめてのタブレットデバイスを手にしたということもあり、A500自体のレビューとタブレットデバイスを使い始めての感想など。

・タブレットデバイスを手に入れて

タブレットを手にしてからノートPCを開く回数が減った。 夏場は室温が上がるのでデスクトップPCはできるだけ使わないようにして、ノートPCを使うようにしているのだけど、Webサイトを見たりGmailを見るくらいであればタブレットで十分な場面が多い。

ただ、ブログを書いたりするようなときはやっぱりPC。一度タブレットで書いてみたのだけど、ソフトキーボードの感覚に慣れなくて長文を書く気にはならなかった。AndroidでもATOKをインストールしているので漢字変換には不満はないのだけど、タッチ感の無いキーボードと、素早いタッチに追従しきれずにキー入力が飛んでしまうことがそれなりの頻度で起こるので。もう少しソフトキーボードがタッチに追従すれば実用度は上がりそう。

・A500自体

HD動画の再生に難あり
ネットワーク経由、SD、内蔵メモリ経由でも読み込みに追いつかない。ストレージの読み込み速度に間に合ってないような動作をしている。また、2,3秒おきに一瞬(1コマくらい)止まる。

HDレベルの動画再生デバイスとして使おうと思う場合はかなり厳しいかも。Android3.1などになって改善されるかも不明…。ハードデコーダがあればもっと再生負荷は落とせそうな気がするけど。

Flashの再生もあまり速くない
Android上でのFlash再生自体が速くないのかもしれないけど。iPadに比べて再生できるだけマシと割り切るくらいがいい。
描画系にバグがある?
画面上の関係無い場所に違う部分の表示が出ていたり。現象から見てアプリというよりAndroidシステム側の問題っぽい。描画の更新転送範囲がおかしくなるというか…。一週間使って1,2回の頻度ではあるけど、A500固有の問題なのか3.0系の問題なのかは不明。
フォントがいわゆる「中華フォント」
私は昔からAndroid使ってきたのでデフォルトのフォントでもあまり気にならないけど…。

ただ最近ではもうフォントを入れ替えて売らないと、返品だとか予約取り消しだとかいうユーザーも増えてるようなので、気になる人は気になるんでしょう。これはAcer側もAndroid3.1のリリースタイミングあたりで日本語フォントを入れるというような発表をしているので、ここは改善される予定。

GPSの精度は期待薄

Galaxy S海外版と比べても、捕捉する衛星数が少ないかつFixしない。場合によってはWifi補完のほうが精度がいいかも。

 

開発機としてはまだほとんど使っていないけど、標準的な3.0デバイスだろうと思う。

3万円台半ばくらいで手に入るデバイスとしては、値段相応かなと思う。もっと値段が高いxoomやGalaxy Tabがどれほどの完成度かまでは比べていないけど、Android3.x向けのアプリ、タブレット向けアプリが動く、エミュレータではなくて実機での動作確認ができるという点では、コストパフォーマンスは高いと思う。

なので買うなら用途に割り切りが必要。安いiPadとか、流行のAndroidと思って一般の人が買うとガッカリすると思う。現に価格.comのコメント見てるとそういうのがチラホラあるし。


Acer ICONIA TAB A500を買った

もともと買う予定ではいたのだけど、あるときAmazonに35,800円で出ていたのを見かけて即行で注文。マーケットプレイスではなくてAmazon直接だとこの価格らしい。でも滅多に出てこなさそうではあるけど…。アフィリエイトで受け取っていたギフト券を使って実質3万円少しで買えた。

ICONIA TAB

2011-07-09 23.51.27

2011-07-09 23.59.06

2011-07-10 00.18.41

持った感じは少し重いかな?という印象。本体はiPad2などに比べれば厚みはあるけど、逆に手に持ちやすいと思う(私の手が大きいせいもあるだろうけど)。

速度については、会社にあるXOOMと比べても遜色は無いと思う。ハードのスペックはほぼ同じはずだし…。

ただ、WifiでYoutubeのHD画質の動画を見ると、Wifiが追いつかないことがある。ノートPCで同じようにするとあまり頻繁には止まらないので、WifiとHD再生を同時にした場合の処理負荷が少し大きいのかも。ただ自宅のWifi環境がa/b/gでnに対応していないのでそのせいかもしれないが。

あとはブラウザでFlashを多用したサイトは表示がけっこう重くなる(XOOMでも同じ?)のとか、気になる点はいくつかあるものの、普通の使い方ではそれほど不満は無いと思う。

Androidタブレットを使って思ったのが、「縦画面固定」のアプリがけっこう多いこと。スマートフォンで使うときには気にならないけれど、タブレットは横持ちも多いはずなのに、リスト画面が縦固定だったりして使いづらいアプリがそれなりにあった。これはアプリを作るときに気をつけないとダメかもね…。

あと、液晶保護シートは、A500用のがすぐに入手できそうに無かったので、

サンワサプライ 液晶保護フィルム LCD-121W
サンワサプライ 液晶保護フィルム LCD-121W
サンワサプライ
売り上げランキング : 23660

Amazonで詳しく見る by G-Tools

↑を購入。サイズ的には幅が1センチほど大きいのでその分カットすれば、縦はピッタリのサイズなので当面しのぐならこれが良いと思う。

ただ、非光沢タイプなので、表面の反射防止加工で多少画面がボヤけて見えるので、それが嫌な人は反射防止が無い光沢タイプのほうが良いかも。この辺は映り込みを気にするかどうかで変わるかと。

ADBドライバはAcerのサイトからダウンロードしてインストールすればOK。Windows7 64bitで特に問題なくADBで認識した。

あと、これはA500が日本仕向けだからか分からないけどカメラのシャッター音が鳴る。そしてメニューなどからOFFにできない仕様。何か裏技で鳴らなくすることもできそうだし、タブレットでカメラを使うケースはそれほど無いかもしれないけど要注意な点。

まだあまりじっくり触っていないけど、それほど大きな不満は無い。iPadに比べればサクサク感が落ちるケースもあると思うけど、3万円台で買えるのであれば、手っ取り早く開発用やAndroid3.0を使ってみたい人向けには良いと思う。今のところAndroid3.1までのアップデートは行われるようだし、海外版向けにはカスタムROMもあるようなので、もし使えれば長く遊べるデバイスになる可能性もあるかな。

acer【アイコニア】ICONIA タブレットPC シルバー ICONIA TAB A500-10S16
acer【アイコニア】ICONIA タブレットPC シルバー ICONIA TAB A500-10S16
日本エイサー 2011-07-01
売り上げランキング : 296

Amazonで詳しく見る by G-Tools


AndroidのWebView周りの小ネタ

Webブラウザ(WebView)を利用する(2) « Tech Booster

AndroidのWebView周りはけっこう自由度が高い、ように感じる。iPhoneとか他のプラットフォームを知らないだけかもしれないけど。

WebViewClientクラスを使うと、ページの読み込み開始、完了のトリガもJavaでフックできてその間に別の表示を出すこともできる。仕事でWebView周りを調べる機会があって調べていたのだけど、

assetディレクトリの中のファイルをWebViewで表示する - Webクリエイターのひとりごと

assetフォルダの中はWebViewから file://android_asset/ でアクセスできるとか、いろいろ新発見。


Acerの39800円 Androidタブレット

【PC Watch】 日本エイサー、Tegra 2搭載10.1型で39,800円のAndroidタブレット

GalaxyTab 10.1を狙ってたけど、スペックはXOOMとあまり変わらないみたいだし、Androidタブレットの開発用としては値段が魅力的。
3.1へのアップデートまではやってくれるようだし、これ結構本気で欲しいな。

acer【アイコニア】ICONIA タブレットPC シルバー ICONIA TAB A500-10S16 acer【アイコニア】ICONIA タブレットPC シルバー ICONIA TAB A500-10S16

日本エイサー 2011-07-01
売り上げランキング : 1555

Amazonで詳しく見る by G-Tools


スポンサーリンク