「 自転車 」一覧

自転車で車道を走る怖さ

マリノアシティへの往復は、なるべく車道を走るようにしてみた。

歩道のような細かい段差が無いのはいいのだけど、狭い道でなおかつ交通量が多いところはちょっと神経を使う。

路肩を走っていると、意外と路肩の状態が悪い道が多かった。アスファルトが剥げてガタガタになっていたり、側溝とのあいだに微妙な段差があったり。

車道も自動車の幅ギリギリにしか車線幅がないので、自転車が車道を走ると、車は微妙に車線をまたいで追い越さないといけない。でも隣の車線にも車がいる場合は追い抜けるようになるまで自転車に付いて行かざるを得ないわけで、この辺が自転車乗りが感じる微妙な「邪魔」というシグナル。

あと信号待ちも原付のように車の間で待っていると何となく違和感を感じるし、走っていてバスが絡んでくるともっと面倒。バスは追い抜いてくれずにずっと付いてくるケースが多いし...。

二輪車が通れるだけ左車線の幅が広ければいいのにな。車も変に追い越さないで済むんだけど、特に福岡は道が狭めな上に交通量が多いところが多いので、走る道も考えないといけないかも。

本当は、自転車乗りがきちんとみんなで車道を走るようにすれば、車側の意識も変わるかな...?もちろん自転車側にもいろいろ気をつけることがらはあるし、上に書いたように道路のインフラ自体で共存しづらい部分もあるんだけど。


サドルを柔らかめのに交換

買ったときに付いていたサドルは少し固めで*1、30分以上続けて乗っているとお尻が痛くなる。

普段は通勤で1回に15分程度しか乗らないけど、段差の衝撃とかがけっこう気になっていたのでマリノアシティのスポーツデポに行ってサドルを探してきた。

セラロイヤルのちょっと高いのとかもあったけど、けっきょくVELOの柔らかそうな安いのを選んでみた。帰宅してから交換したので明日の出勤で乗り心地がわかるかな...。

シートポストもサス有りのやつなんだけどね...。なんかタイヤの空気圧が高いとか関係あるのかな。あと乗車ポジションとか。

  • *1: スポーツ車だから当然なんだろうけど

チェーン洗浄

思い切ってチェーン洗浄してみた。

部屋の中に2畳分のブルーシートと新聞紙を敷き、ディグリーザーをブラシに浸けながら少しずつ洗浄。コレみたいにチェーン洗浄用の用具が手に入らなかったので、ブラシでやったのだけど、やっぱり汚れた液が飛び散る...。手や足も汚れるしかなり大変な状態に。

もともとチェーンがベッタリと汚れていたのもあって、何度もブラッシングしてだいたいキレイに。拭き取ったり、ルブを差したりしていたら3時間くらい経っていた。

前後のスプロケットにゴミがかなりたまっていてチェーンの間に溜まっていたりしたし、これは掃除しないで放置しておくと面倒なことになるんだねというのを実感。

あと、ディグリーザーはボトルのしか用意してなかったんだけど、スプレーできる容器も用意していたほうがいい。スプロケットにブラシでちまちまと塗っていくのはちょっと...。

なんかこう、自動車の洗車場ならぬ、自転車用のコイン洗車場もあったらいいなぁ。...まぁ排水できるところで普通の水道とホースがあればいいんだけど。


自転車メンテナンス

調子の悪かったペダルと、ベタついたグリップカバーを交換。

ペダルはWellgoのアルミ製ペダルC-19。買ったときに付いていたペダルよりかなり重さは軽い。

それからグリップカバーはBGのエルゴノミクスデザインのもの

装着したあとに長距離を走ってみたけど、気のせいか漕ぎが軽くなったような感じ。ペダルが軽量になったからか、ペダル軸の回転がスムースになったからか...。グリップもFELTの購入時のものより少し固めで、持った具合もかなりいい感じ。

ペダルもグリップも交換して良い結果だった。これならもっと早く換えておけばよかったかも...。

あとメンテナンスしたいのは、油で汚れたチェーンの洗浄と、だんだんすり減ってきたタイヤ。

チェーン洗浄は場所が問題。汚れた液が飛び散りやすいので部屋の中でできるか微妙だし、かといってマンションの敷地内でやってもあとで掃除が面倒だし...。

そもそも雨の日には基本乗らないのに、ウェットのチェーンルブを使っていたのがまずかった。余計にドロドロしてしまったし。

タイヤは700×37Cとかなり太めのものを履いているので、もう少し細め32Cとかにしたら乗り心地も軽くなるだろうか?という期待から。ただ今のタイヤがもう少しヘタってからかな。


自転車パーツ買ったけど付ける暇が無い

買ってきたけど、今日は時間が遅いので無理。

ハンドルグリップとペダルを交換したいんだけど、また週が明けたら毎日帰りが遅くなるだろうから結局次の週末までお預けだろうな...。

ベタベタしたグリップだけでも取り替えられれば良かったんだけど。


またリム打ちパンク

もうこのネタを書くのは正直うんざりだけど、またもやリム打ちパンク。

前回フロントタイヤのリムテープを交換したけど、それがまたずれてしまっていてそこからチューブに穴が。どうやっても一部だけリムテープが横にずれてしまうんだよな…。付け方が悪いのかもしれないけど、またパンクの不安が蘇ってきた。

しかたがないので、今度はリムに張り付くタイプのリムテープにしようかと探し中。Zefalのコットンリムテープも良さそうだし、グランジのリムテープも2周くらい巻けば良さそうな気もする。このあたりから買うつもり。


emeter見てきた。思ったよりデカい。

USBでPCと繋がるブリジストンのサイコン、emeter。

ヨドバシの自転車コーナーに行ったら、両色置いてあった。パッケージの説明も簡単で、けっきょく電池の持ちとかはよくわからず。

で実物を見て思ったのは「大きい」。今使っているサイコンがCATEYEのCC-RD300W、STRADAだからってのもあるんだろうけど。今のに慣れているとちょっと違和感あるかも。でも走ってるときはそんなにサイコン見ないけどね…。

けっきょくその場では買わず、しばらくネット上での評判を見極めてからにしようかと。


PC経由で走行データがWebで管理できるサイコン・emeters

ブリジストンの新製品サイコン、emeters

PCとUSBで接続できて、専用Webサイトに走行データをアップロードして管理することができるんだと。SNSっぽいサイトらしい。

個人的にはSNSの部分はあまり必要ないけど、毎日の走行データを管理できるのはいいかもなぁ。Webでしかダメっていうのが残念。PCローカルにもデータを保存できるといいと思うんだけどね。

今はCATEYEのワイヤレスのサイコンを使っていて特に不満は無いんだけど、emetersは日単位で自動で走行データを区切ってくれるのが良い感じ。今のサイコンは自分でリセットしないといけないので時々リセットし忘れたりして、何キロくらい走ったか分からなくなるときがある。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター CC-RD300W [STRADA WIRELESS]ストラーダワイヤレス
キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター CC-RD300W [STRADA WIRELESS]ストラーダワイヤレス
CATEYE
売り上げランキング : 114

おすすめ平均 star
starとにかくシンプルで良い、見た目買い
star初めてサイコンを使っての感想

Amazonで詳しく見る by G-Tools

emetersの仕様を見ていて良さそうなところと気になったところ。

  • 良さそうなところ
    • 30日分の走行データをメモリに保持
    • カロリー表示できる
    • 値段(8,400円)も思ったほど高くない
  • 気になるところ
    • 防水はどれくらいあるか?雨が多少降ってきても壊れないか?
    • 電池はどれくらい持つのか
    • センサーが有線接続
    • Webサイトは長続きしそうか?(最低3年くらいは運営して欲しい)
    • 全体的な使い勝手(ブリジストンからは初めてのサイコンなので)

歩数計ではオムロンが何年も前からUSBでPCにデータを取り出して管理できるのを発売していて、一時期使っていた。この歩数計もWebサイトと連携していろいろ出来ていたので、それの自転車版という感じ。

でもこれは欲しいなぁ。自転車を買うときに、PCに繋がるサイコンは無いのかなぁと探したことがあるので、今回希望通りの製品が出るってことでついつい買ってしまいそうな予感。

オムロン ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT
オムロン ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT
オムロン 2004-04-20
売り上げランキング : 8

おすすめ平均 star
starポケットに入れて計測可能なのでお手軽です。
star用途を考えての購入をお勧めします。
star水に強い?

Amazonで詳しく見る by G-Tools


自転車と一眼レフデジカメ

しばらく一眼レフを家から持ち出して使っていない。ペンタックスK100Dという良いカメラを持っているのに。

普段はコンパクトデジカメのFinepix F10を持って歩いているというのもあるし、わざわざ一眼レフ持って行ってまで撮るような場所に行っていないっていうのがある。ちょっと遠出して景色とか撮るって時は持って行くだろうけどそういうのも近頃やってないし。

あとは自転車との相性が悪い。クロスバイクだとカゴが無いので必然的にバッグに入れるかストラップをタスキがけにするかくらいしかない。バッグに入れてしまうと撮りたいときにすぐに取り出せなくてイヤだし、かといって肩からかけておくと自転車で走っているときにカメラ本体が体に当たって気になる。

同じように困っている人はネットを調べるとけっこういるらしく、カメラ用バッグを自転車にアタッチメントを付けて取り付けている人か、コンパクトデジカメで我慢している人かだいたいどちらか。

去年の夏に京都でレンタサイクルを借りた時も、肩から提げたりいろいろ苦戦した挙げ句に左手にストラップをグルグル巻きにしてほぼ手にカメラをくくり付けた感じ(下の写真のイメージ)で自転車乗っていた。撮りたいときにすぐに使えたけど、カメラの重みでストラップが手に食い込んで痛いこと…。

DSCF1203

DSCF1204

なので自転車と一眼レフはあまり相性が良くない。でも両方使いたい。悩ましい問題だけど何かいい方法はないかな…と思案。


自転車スタンド到着

何でこんなもののために3ヶ月も入荷待ちしたのかわからないが…

FELTのQXシリーズには専用のスタンドが必要だということで、入荷を待つこと3ヶ月。ようやく今日届いた。

まぁ専用だけあってフレームにはしっかりと付くんだけど、脚の部分が多少がたつくのが気になるねぇ…。でも立ててしまえばけっこう安定はしているけど。

ようやく街中でも普通に停められるようになったのは大きい。自転車ごと立てかけられる場所を探すのがけっこう面倒な時が多いから。会社もそうだったし。

DSCF1198


スポンサーリンク