「 自転車 」一覧

リムテープ交換

自転車のメンテナンスで空気を入れ直してしばらくゆっくりしていると、プシューという音が。

ああ、またですか。リムテープずれが原因のパンク。

もうこれはリムテープを交換するしか、とばかりに近くにある比較的大きなサイクルショップへ。…数年ぶりに行ってみたけど、自転車本体はスポーツ車も含めてたくさん扱っているのに、パーツはやけに少ない。チューブもタイオガのしかなかったし。取り寄せメインなのかな。

けっきょくリムテープもタイオガの16mm幅のものしか置いてなかったのでそれを買ってきて付けてみた。堅くて付けづらいということもなかったけど、ビードとチューブを付けて確認してみるとやっぱりリムテープがずれている。

もともと付いていたリムテープはメーカー不明の15mm幅。荷造り用のビニールテープを少し分厚くしたような感じの材質。今回買ったタイオガのもあまり大差は無いような気がする。おそらくチューブやビードを取り付けるときにリムテープがずれてしまうんだろうけどね…。すぐにずれるようだと乗ってるときが心配。

とりあえず手でリムテープのずれが直せそうなところは直してパンク修理を終えたけれど、ネットで見ると糊付きのものとかあるみたいで、そっちのほうがいいんじゃないかと思えてきた。そうそう交換するものでは無いと思うけど、次に変えるような時にはそういうリムテープも検討してみるつもり。


サドル高の調整で乗りやすく

半月くらい前に自転車のサドル高を高くしたのだけど、どうしても足が疲れやすいのが治まらないのでさらに1.5センチほど上げてみた。

するとペダルの踏み込みやすさがかなり改善。やっぱり足が疲れていたのは足が十分に伸びていなかったからなにかな、漕いでいるときにまだ膝が中途半端にしか伸びていない感覚がずっとあったから。

通勤の帰りしかまだ乗っていないのでもう少し長距離を走ってみて様子を見たほうがいいと思うけど、もしかするともう少し、5ミリくらい高くしてもいいかもしれない…

買った当初にセッティングされていたサドルは足が届かないくらい高かったので、足がちゃんと付くように下げて乗っていたけど、やはり当初のあの高さはあながち悪くないのかもしれない…。届いたそのままの高さでまたがってみて足がつかなくて「こりゃさすがにダメじゃん」と思って下げすぎたんだろう。

ママチャリと違っていろいろ調整しないと快適に乗れるようにならないね…。


夜中にパンク修理

今朝発覚した自転車のパンク。朝は時間がなかったので、23時過ぎに帰宅してからおもむろに修理開始。

深夜なのであまり物音を立てないようにしながら、30分くらいで修理完了。

パンクの原因は、以前も書いたかもしれないけれどリムテープがずれていてリム穴が少し見えているところがあって、そこに高圧のチューブが入り込んで亀裂が入ってるよう。取り出したチューブをよく見てみると、一定間隔にチューブが出っ張ったところが…

空気圧とか乗り方以前に、リムテープをちゃんとやり直さないとこれからも不意のパンクは解決しないということで、今週末はリムテープ交換をする必要があるかも。でも…またタイヤやチューブ外してって面倒だなぁ。

買って最初にチューブ交換したときからリムテープがずれていたわけで、大量生産だしものすごく高価なモデルでも無いから買ったときの質はこんなものなのかな。


自転車メンテナンス

夕方から雨も上がったので、そそくさと自転車ででかける。

その前に、先週から変速の調子の悪かったリアディレイラーを、メンテナンス解説本を見ながら調整してみる。果たして正しい設定にできたかわからないが、今のところ変速でガチャガチャしてギアの入りが悪いのは無くなった。しばらく乗って様子を見てみるつもり。

またメンテナンス中に今度はフロントタイヤが突然バースト。暖房の効いた部屋に入れてしばらくしてからだろうか…。まぁ、フロントタイヤも空気圧が高すぎるままで使っていたのでおそらくそれが原因かと。

バーストしたチューブをよく見てみると、どうもリムが当たっている場所に穴が開いているようだ。おまけにホイールをよく見るとリムテープがずれてリムの穴が大きく見えてしまっている箇所があった。もししかすると空気圧が高い状態のチューブがリムの穴の縁に押しつけられて傷ついてしまったとか…?

ふつうはリム打ちパンクは空気圧の低いときになるようだけど、私の場合は逆なのかも…とかってに思ってしまった。チューブはとりあえず新品に交換したので今度は空気圧も適正な範囲に。

あと気になっているのがリアブレーキがかすかに片効きしている。ただホイールも少しゆがんでいるのか、一周のうち少しだけ擦れたような音がする。ホイールの振れ取りまではさすがに素人には厳しいだろうから、ブレーキシューの位置調整を次回チャレンジしてみるつもり。


eneloopが使えない?

自転車のヘッドライトとして使っているHL-EL520。

買ったときから少し光量が落ちてきたように感じたので、充電式の電池ならすぐに充電できていいなと思って入れてみると、電池ブタがしまらない。

ニッケル水素の充電池は少しだけ太さが太いとか、eneloopは電極部分の作りが少しだけサイズが違うとかいろいろあって、うまく収まらない電気機器があるらしい。

ただ、ネットで調べてみるとeneloopがEL520でも使えているようなことをたくさん見かける。電池、もしくはライトの個体差なのかなんなのか…。アルカリ電池だと買い換えるのがもったいないので充電池を使いたいんだけどねぇ。

キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520
キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520
キャットアイ(CAT EYE)
売り上げランキング : 11

おすすめ平均 star
starこれでは照らせない。
star明るいですよ
star明るいね

Amazonで詳しく見る by G-Tools


マリノアシティのスポーツデポ

片道16キロを行ってきた。

大野城のスポーツデポよりはるかに自転車関係のアクセサリーは多い。

ただ値段は定価もしくは割引きはあまり無い様子。通販や自転車専門店で安く買えるならそのほうが良いかも。パナレーサーの空気圧ゲージを買ったんだけど、なんか記憶していた値段より高いなぁと思って帰ってネットで値段を調べてみたら定価だったので…。

パンク修理してタイヤを取り外して付け直したときにリアディレイラーがちょっと不調になってしまってギヤの入りが悪くなってしまった。今日は買い物に出かけること優先で直さなかったけど、ディレイラーの調整をし直さないと安心して乗れないなぁ。

パナレーサー(Panaracer) デュアルヘッド・デジタルゲージ
パナレーサー(Panaracer) デュアルヘッド・デジタルゲージ
パナレーサー(Panaracer)
売り上げランキング : 211

おすすめ平均 star
star買ってよかった。
star結構使えます
star最後の確認に必ず使っています。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


またパンク…

昨日、自転車に乗ってあちこち行った後、家の玄関に置いて1時間くらいしたころだろうか、突然「プシュー」という音がしてリアタイヤの空気が抜けてしまった。

バルブが緩んでいたわけではなさそうだったので、またパンク。

あとでチューブを見てみたらやっぱり穴が…

この間から立て続け。最初は前回のパンクの時にタイヤに異物が残っていたのかと思ったけど、前回タイヤはかなり調べたし、今回は前回と穴の開いた位置が違うからたぶん異物が原因では無いと思う。

そう考えると次は空気圧。適正より高めに入れていたのがまずかったのかも?空気圧高いほうが軽い感じがするからと思って多めに入れていた。もちろん段差とかでタイヤが跳ねて乗り心地は悪くなるけど。

とりあえず、パンクはゴムパッチを当てて直したので空気圧は適正のレベルに抑えてみることにした。あとは町中の段差とかをなるべく避けるように。でも700×37Cってかなり太めのタイヤなんだが…


ツーリング

博多駅、天神、大濠公園を経由して百道まで。そこから西新、六本松、薬院から南下のルートで約33キロ。

先日のチューブ交換でタイヤがリムに正しく乗っていなかったのは、ビードを最後にはめた部分に余裕がなくて空気を入れても伸びきらなかったようだ。

いったん空気を抜いて、ビードを張りのきつい所へと寄せて集めるように手でこねるのと同時に、最初にかなり高い空気圧で空気をいれてタイヤまできちんと膨らませるようにしたら直った。


パンク、チューブ交換

実家から天神まで行く前に、自宅に寄って2時間ほどしてからさて出かけようかと自転車を見ると、リアタイヤの空気が完全に抜けていた。

空気入れで空気を入れてみるとどこからともなくシュー、と空気の抜ける音が。完全にアウトっぽいので近くのサイクルショップへ交換用のチューブを買いに行った。比較的大きなショップが近くにあるので、700×37Cに合うチューブもちゃんと売っていた。

ホイールを外して自分でチューブ交換するのは初めてだったので、ネット上のいろんなサイトを熟読してから挑戦。タイヤのビードを外すのとはめ込むところでかなり苦労。

何度やっても最後に空気をいれてもタイヤの一部分だけビードがリムの中に落ち込んだままで上がりきれてない場所が出てくる。空気を抜いて手でタイヤをしごいたり、チューブをまた全部出して入れ直してみてもどうもうまくいかない。

けっきょく夜も遅くなってきたので、その状態で空気をいれてだましだまし乗って帰ってきたが、素人だからというのもあるんだろうけど、3回くらいやっても上手くいかないのはなんでだろう。チューブをかみ込んでいないかは何度も確認したし…

空気を入れるとチューブが膨らんで、タイヤのビードがリムに正しくかみ合うはずなんだけどなぁ。通勤に使う前にもう一度やり直してみるつもり。

ちなみに、パンクしたチューブは小さな穴が開いていた。何かが刺さったのかな。とりあえずタイヤ側には異常がなかったので、このチューブはパッチを当ててもう一度使えるようにする。まだ買って2ヶ月くらいだし、まだまだ使えるだろうから。


スポーツデポ

大野城にあるスポーツデポへ。自転車のアクセサリやパーツを眺めたり。自転車で20分くらいで行けるので地図で見ると遠く感じるが、実際にはとても遠いという感じは無い。

しかしここはいろんなスポーツの用具やらウェアがよく揃ってるな…。これらのスポーツをやらない自分には関係ないけど、実際やってる人にはこういうところに来るのはたのしくて仕方ないのかもしれない。

ここではテールランプとトピークの工具、薄手でも保温性のありそうな手袋を購入。

そこそこパーツ類は扱っているようなので(フロア全体から見ると自転車コーナーはわずかだけど)、これからもたまに足を運んでみよう。

でも実は自宅からもっと近いところにサイクルベースあさひがあったりする。まだ行ったこと無いのでここも要チェック。アクセサリくらいならどこで買っても同じだろうし。

TOPEAK(トピーク) ハマー(ヘキサス16)
TOPEAK(トピーク) ハマー(ヘキサス16)
TOPEAK(トピーク)
売り上げランキング : 165

おすすめ平均 star
starコストパフォーマンス最高
starまあ、ふつうです
star良い意味でだまされました

Amazonで詳しく見る by G-Tools

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R
キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R
キャットアイ(CAT EYE)
売り上げランキング : 15

おすすめ平均 star
starとても良い
starサドルの下に付けられる車種は防水なんて関係なし!
star安さと安全のコストパフォーマンス?

Amazonで詳しく見る by G-Tools


スポンサーリンク