「 2007年10月 」一覧

センチュリオン08モデル入荷?

この間、在庫を問い合わせした「サイクルショップ 風」の店長様からメールが。

08年モデルがメーカーに入荷しました…と。たしか前に11月ごろ入荷と言われてたのでちょっとのんびり構えていたんだけど、Cross Line 500が代理店に輸入されたのかな…。代理店の展示会は10日だからまぁ多少商品は入ってくるのかもしれないけど。

うーん、在庫があるならこのタイミングで買ってしまいたい気もする。


ソニー銀行がFXに参入?

ワールドビジネスサテライトを見ていたら、ソニー銀行が来年にFXに参入するためにシステム開発をしているんだそうで。

ソニー銀行はネット銀行では老舗の割には地味な印象。私も昔から口座を持っているけど、イーバンクのように小口決済や振り込みを売りにしているのに対して、資産運用型だからなんだろうけどね。ただ外貨預金にしても定期預金にしてもそこまでアドバンテージがあるわけでは無いと思う。投信の品揃えは多いかなぁとは思うけど。

今このタイミングでソニー銀行がFXに参入するとなると、気になるのは手数料。レバレッジが高いかわりに手数料が無料の専業FX業者もあるのでどこまで力を入れてくるのかな…


給料の善し悪し

週刊ダイヤモンドか何かの雑誌の特集で給与ランキングみたいなのを見かけた。

ウチの会社は業界内で見ると、それほどいいわけではないんだな…。これは昔の会社があまり大きくなかった頃から変わらない。受託をメインにしているとどうしても単金が上がるから、なんだかんだと理由を付けて給料が上がりにくくなっているのかも。

ざっと記事を見た感じ、メーカー系、1次請けができる会社もしくは強いパッケージを持っている会社じゃないと給料は良くならないみたいね。ある程度安定した収益源が無いと…。

受託で2次請け以下はどうしても人を薄利多売で送り込むしかできないし、そこはいくら会社が大きかろうが仕方ない。いちおうウチの会社も脱受託を目指してはいるけれど、受託以外の収益の柱がそんなに簡単にできるわけもなく、長期計画になりそうな感じ。会社の魅力も落ちてきてるし、人も集まるかなぁ。


自転車のシーズンオフ

ちょうど08年シーズンの入荷待ちとなっているスポーツ自転車界隈。

ルイガノとかメジャーなメーカーだと11月から12月に初入荷の製品が多くてモノによっては年明けのも。その割には07年モデルは完売だったりするので、本当に2〜3ヶ月買いたくても買えない状態があるんだね…。ちょうど自転車ブームというのもあるのかもしれないけど、買いたいときにあるだろうと思ってたのが甘かったよ。

こだわらなければ買えるモノはあるんだけど、ちょうどこの秋の季節に乗れないのってちょっと辛い。夏前くらいに物欲がわいてれば間に合ったのになぁ。


CEATEC行きたい

ニュースサイトとかテレ東のWBSで見てるといろいろ楽しそうなモノがたくさん出てそうだもんなぁ…。たぶん2日くらいは飽きなさそうな予感。薄型テレビにはそれほど興味は無いのだけど、それ以外の地味なデバイスや機器の方が面白そうなモノが出てそう…

5年くらい前までは毎年Interop(N+I)に行っていたんだけど、スケジュールが空けづらくなったのでここしばらくは展示会の類は全く行っていない。やっぱり関東は遠いよ。

ちなみにウチの会社も今年は大きなブースで出展しているらしい。頑張ってますな。


声を上げてみることもたまには必要なのかも

「集団自決」検定、文科省が対応検討 沖縄県民大会受けの記事を見て。

最初は沖縄で11万人という大規模な集会が開かれたこと自体に驚きを感じた。沖縄の歴史やそこに住む人のアイデンティティに関わる問題や本土とは違った歴史というのもあるのだろうが、本土で何かを訴える集会でここまでの規模のものはほとんど無いんじゃないかと思う。

この集会によって教科書の記述の見直しを指示したことが政治家のパフォーマンスだったとしても、声を上げてみれば何かが動く場合があるという例なのかなと。

もちろん政治に対しては選挙という物言う手段があるわけだけれど、もっと直接的な手段に訴えることも時と場合によっては必要なのかもしれない。日本人は声を上げなさすぎると外国から見られていたりするようだが、たしかに税金や年金やら、ホワイトカラーエグザンプションやらさまざまな問題に対して不満はあるが特にそれを比較的表に出さないという「あきらめ」が続いているわけで。

自分たちの死活問題になるようなことなら、もっと声を上げてもいいのかもしれない。一部のNGOや市民団体だけがこぢんまりとやるだけより。ネット上の世論の力も昔に比べればかなり大きくなってきたのだろうけど「しょせんネット上だろ」と都合良く片付けられることもまだまだ多い。実際に外に出て同じ思いの人と顔を合わせて集まって、一緒に声をあげることがまだ一番の力を持つのかも。


朝礼

下期の始めくらいは参加しておこうと思って、早起きしてみた。

昇任、昇格の人を見ていると、後輩にどんどん追い抜かれているなぁ…(苦笑)

まぁ今の自分と彼らの働きぶりを比べればそれもそうだよね、というところで「なんであいつが」なんてことは思わないけど。私も必要とされているうちはそれなりに頑張るつもりだし、要らないと言われればどこかへ行くしあまり組織や仕事にしがみつくことはないと思う。

若い頃ほどしゃかりきになれなくなってきているので、モチベーションの管理を今まで以上にちゃんとしないとほんとにだらけた社員になりそう。


自転車であちこち

トータルで20キロちょっと乗り回した。

大野城のほうにあるスポーツ店にクロスバイクを見に行く。やっぱりMTBはたくさんあったけど、クロスバイクはほとんど無かった。あっても06年モデルだったり。いちおうセンチュリオンも扱っているようなので、08年モデルが出たらもう一度行ってみてもいいかも。

その後は博多駅のヨドバシまでひたすら北上。3号線沿いの歩道は広くて段差も少なく乗りやすいけど、日が暮れかかった頃に行くと街灯が無く暗い。街灯は車道だけなので、もうちょっと自転車のライトが明るくないと危ないかも。

あおい書店で本を買い、エキサイドの地下駐輪場に止めて交通センターのダイソーへ。スプレー式の小瓶を調達。博多駅から自宅方面へ、通勤ルートを想定して走ってみる。夜の時間帯で25分くらいだけど、途中歩道がなく車との間隔が狭い道路が多くて毎日の通勤にはちょっと危険な感じもする。ラッシュ時とか。もう少しルートを考えた方がいいかもしれない。

普通車でもそれなりに距離を乗り回せるのは分かったけど、ちょっと無理しすぎたのかくたびれてしまった。


最近買った本

旅と鉄道 2007年 10月号 [雑誌]
旅と鉄道 2007年 10月号 [雑誌]
鉄道ジャーナル社 2007-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

昔は季刊だったのが、月刊化されたんだそうで新装丁。

記事も今までのいかにも鉄道好きな人向けから、女性を意識した記事など「鉄」な人向けから一般人向けに少し舵を切った感じを受ける。そうは言っても昔ながらの雰囲気の記事もあり、常連と新規読者のどちらにも向かおうとしている。

本自体が「旅と鉄道」と言うだけあって、鉄道専門誌にあるような「車両番号キハ-xx」を熱く語ったり、「VVVFインバータ」や「ボルスタレス台車」など本当にマニアックな記事は元々無い。単純に電車に乗ってどこかへ行こうという中で、風情あるローカル線の電車などを取り上げたりする程度なので、もともと敷居の低い雑誌ではある。

優駿 2007年 10月号 [雑誌]
優駿 2007年 10月号 [雑誌]
中央競馬ピーアール・センター 2007-09-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

秋のGIシーズンなので。あとは馬インフルエンザについて何か触れられているかなぁ…と。まだ読んでない。毎号DVDが付いて、中身も濃いのに700円なのはお得感あり。

エンジニアマインド Vol.6
エンジニアマインド Vol.6 エンジニアマインド編集部

技術評論社 2007-09-14
売り上げランキング : 6232

Amazonで詳しく見る by G-Tools

たしか創刊当初は「内容が中途半端」という評価だったはず…。今回6号目にして初めて買ってみた。

特集の「開発者2.0」というキャッチのセンス自体がどうかなぁというところだけど、最近は気が乗らなくてSE本とかプロマネ本、エンジニア本を全く読まなくなっていたので、ちょっと自分の中の技術者マインドを復活させないとな、ということで手始めに。

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1) 本田 直之

幻冬舎 2007-05
売り上げランキング : 58

おすすめ平均 star
star読みやすい
star上司にも読ませたい一冊
star足し算から掛け算へ

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブログなどでチラホラと紹介されているのを見て、何かまぁ何か一つでも新しいことが書いてあるかなぁという程度で読んでみようかと。

まだ読んでいないけど、おそらく仕事の優先順位の付け方とか、朝昼夕方で集中力が異なるから作業の内容をそれに応じて変える、とかそんなことが書いているんじゃなかろうか。よく「時間術」で語られているモノ以外に「おっ」と思えるのがあれば収穫か。

すべてがうまくいく8割行動術 [ソフトバンク新書]
すべてがうまくいく8割行動術 [ソフトバンク新書] 米山公啓

ソフトバンククリエイティブ 2006-11-16
売り上げランキング : 122707

おすすめ平均 star
starとても読みやすい文章で、一気に読破!
star読めば気楽になれる本
starがんばらずにすべてがうまくいく行動術が身につく良書

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これも上の本と同じような感じで、目新しいことが書いてあればという程度。

みんなが知りたい旅客機の疑問50 アナウンスで聞くドアモードとはなにか?フラップの仕組みはどうなっているのか? [サイエンス・アイ新書] (サイエンス・アイ新書 35)
みんなが知りたい旅客機の疑問50 アナウンスで聞くドアモードとはなにか?フラップの仕組みはどうなっているのか? [サイエンス・アイ新書] (サイエンス・アイ新書 35) 秋本 俊二

ソフトバンククリエイティブ 2007-09-15
売り上げランキング : 18955

Amazonで詳しく見る by G-Tools

飛行機本。「なぜなに」系のあまり難しいことは書いていない本。これは気分転換とか暇つぶしの時に気楽に読むため。


スポンサーリンク