「 beagleboard 」一覧

OMAP4搭載で$179の”Pandaboard”

Pandaboard

PandaBoard OMAP4 developer board on sale for $174 [Video] – SlashGear

オープンハードウェアには、動物の名前+”board”が付くのが慣例になったのだろう。

BeagleBoard、LeopardBoardときて、今度はPandaBoardらしい。

スペックをざっと見てみると、Cortex-A9のSMPコア、HDMI、Wifi、Bluetoothあたりが注目点かな。WifiとBluetoothが標準で載ってるのは良いかもなぁ。

ただこれもBeagleBoardなどと同様に普通の人が買っても楽しみ方が難しい。Androidをインストールして動いたところ止まりになりそう。もっとスキルのある人ならUSBで色々つなげて遊ぶとか、ハードウェアを拡張して、とかなるんだろうけど。

値段は$179なので、今の円高なら送料別で15000円前後で買える。BeagleBoardと同じく販売はDigiKeyがやってるので誰か買って見せてくれないかな…。


日本androidの会 福岡支部 勉強会 “beagleboard+android+ブレスト” 参加レポ

  • 1/16(土) 13:00~18:30
  • 株式会社Fusicさん(支部長しかじろうさんの会社)の会議室

集まったメンバー

20名くらい。何気に幅広くて濃い

  • 本を出してる人(今度はGoの本を書くらしい?)
  • ITmediaなどに記事を書いてる人
  • 半導体設計をやってる人
  • 某メーカーに長年勤めて人脈豊富な人
  • gainer(Pepper)を持ち込んでいた人

組み込み系比率が高かった。参加者の半分は超えていたような…。

beagleboardメインの会だったので自然と興味ある人が集まったらこうなったという感じだろうか。

  (by findup)

beagleboardにandroidを

ubuntuを使ってSDカードのパーティション切りをするところと、androidソースのmakeを始めるところまではみんなで色んなサイトを参考にしながら。

ただ、androidソースのビルドを始めると数時間かかるので、いちおうmakeは続けつつもeclairのイメージを格納済みのSDから起動させることに。

ubootのコマンドラインをメモしていなくて、調べたりした後ようやく起動。

  (by findup)

このイメージはこの間私が自宅で試したときにこちらを参考に作ったものだったので、

  • 音が出ない(ALSAが無効)
  • USB-LANアダプタ(その場で貸して頂いたApple製)が動かない(デバイスは認識するけどドライバが無い)
  • USBマウスがトラックボールとして認識?(マウスカーソルが出ない)←マウスカーソルはパッチを当てないと出ません(コメント頂きました)

という、非常にシンプルな環境。そのため起動してからはキーボードで操作してみるところまで。

それでも、いろいろ試行錯誤したり弄ったりしているうちに時間は押し、続いてブレーンストーミングへ。

ブレーンストーミング

天神・大名WiFi化計画というのがあって、すでに天神・大名のかなりの場所でfonを使ったWifiが使え、今年は天神地下街などでも使えるように準備中のプロジェクトと、

  • 天神Wifiのインフラを使って何かしたい
  • 天神・大名の街をもっと楽しい場所にしたい
  • それにも使えそうな新しいサービス、デバイスができないだろうか
  • デバイスはandroidを絡めて何か作りたい(ご当地デバイスになるかも)

というようなポイントで、新しいデバイスやサービスのアイデアを出そう!というもの。

私は以下のようなアイデアを出してみた。

  • 街を回遊している人(仕掛け人、GPS付きデバイスを持ってる)を捕まえると何か特典がある
  • 街の他の地区の場所などをリアルタイムで中継していく据え置き型のデバイス(他のところで面白いことやってるのを見つけてもらい、人の流れを生み出す)

参加者が多かったからか、たくさんのアイデアが。

  (by findup)

みんなが良いね、と思ったいくつかのアイデアについて今後もう少し掘り下げていくことに。

懇親会

会場近くの居酒屋さくらというお店で。

料理もおいしく(牛すじ煮込みが特に)、値段も安くて良いお店。

感想

beagleboard

  • beagleboardのイメージについては、キーボードでの操作以上の事ができずに少し皆さんをガッカリさせてしまったかも。予想以上に皆さんの食い付きが強くて、皆さんの期待と実際の動きがマッチしてなかったような。

  • ただ、皆さんの興味が強かったので私があれこれ口を出して進めていくのは面白みが無いなと思ってあえて黙ったところもあります、ごめんなさい。試行錯誤しているほうが皆さんも色々触ったり意見を言ったり参加しやすいし楽しいかと思ったので…。適度にハマってどうにもならなくなったら飽きないうちに次のステップへ、くらいがちょうど良いかと。

  • でも出来合いのイメージを使うことになるなら、もう少しきちんと調べて仕込んで置いたほうが良かったかなぁ。自分でやったときはeclairが動くならやってみよう!ってだけの目的だったので。ネットワークと音が使えるandroidイメージを用意してネットに繋ぐか動画再生くらいまでデモできてればまた違った展開になったかも。

  • beagleboard+androidのネタは、ネット上で色んな方がやっているけどそれぞれ微妙なところで手順などが違っていたり、作ったイメージによって動くデバイス、動かないデバイスがあったりするので、参考にするサイトを決めたらあまり他のサイトとゴッチャににならないように手順を進めたほうがトラブルが少ないと思う。この辺りは後でフォローの情報を流すかも。

ブレスト

  • ブレストは個人的には、目覚まし時計のアイデアと、自転車に付けるサイコンっぽいデバイス(自転車乗りなので)、他いくつかのアイデアが良かった。もう少し時間を取って、2巡目のアイデア出しができればもう少し練った物が出てきたかも。

懇親会

  • 色んな分野に強い人の話が聞けて新鮮。自分の立っている基盤や知識がまだまだ弱いなぁと実感。あとうちの会社は規模が大きいだけで技術やスキルの面では全然知名度無いな(実際無いし)というのも実感。

最後に

  • また今回も大変楽しい時間を過ごせました。今回がハードウェア寄りだったので次はandroidアプリ開発メインのネタが良かったりするのかな…?いずれにしても、色んな人とお会いできるのでできるだけ参加していきたい。

  • 今回、組み込み系の人もけっこう機会さえあれば集まるんだというのが分かったので、福岡組み込みクラスタっぽいものもできそうな感じ。いろいろ雑談したり情報交換したり、熱い思いをぶつけたり、こだわりを語ったりとかできれば良いなぁ。

他の方の参加レポ(随時追加)


beagleboardでandroid(eclair)

久しぶりにbeagleboardを出してきてandroidを入れて立ち上げてみた。

EclaironBeagleBoard – android-development-environment – BeagleBoard に eclair をのせる – Project Hosting on Google Code

手順は↑のサイトをそのまま参考に。

ちょっとUSBの認識が上手くいったり行かなかったりとするけど、USBキーボードを接続して操作するところまでやってみた。マウスは接続すると起動途中でsystem_serverプロセスが落ちてダメだった。

beagleboardは各方向にいろんなケーブルを繋げるので机の上がゴチャゴチャしがち…。

adbもネットワーク経由でしか繋がらないし、本格的に遊ぶにはいろいろ準備が必要なのでまずはどうしようかなぁ。beagleboard用のパッチがどこにどんな差分があるか見てみるあたりから始めてみたほうがいいのかな。

  (by findup)


Beagle Boardが国内で買えるように

TI OMAP3530搭載の超小型コンピュータ Beagle Board 国内販売

DigiKeyでの注文はなんとなく慣れなかったもんなぁ。英語で軍事目的の使用じゃ無いよね?ってメールきて焦ったりしたし。*1

輸入代理っぽくなるからか、入荷が9月以降とか価格が少し割高とかあるけどね。

DigiKeyのオーダーの方法も解説されたサイトがあるので、それを見ながら注文してみるのも良いと思う。通関が早ければ一週間もかからず届くし、商品と別便で電話帳のようなカタログが届くし*2

トラ技2008年1月号別冊付録用部品の発注方法

武蔵野電波のブレッドボーダーズ

DSCF1354

ちょうどAndroidの話題も盛り上がっている中で、Androidに対しても十分なパワーを持つBeagle Boardが注目されると、面白い使い方をする人が出てくるかもね。

  • *1: 日本サイトからオーダーすれば日本語でやり取りできるはずだったのだけど
  • *2: 好きな人以外にはかなり場所取るけど

日本Androidの会・福岡支部立ち上げの会に行ってきた

時間が取れたので参加してきました。

40名くらいは集まったんですかねー。私は会場のちょうど真ん中、赤い服着た女性の方の後ろにいました。

なんとすでにドコモのAndroid端末を入手していた強者の方も数名いらっしゃって驚き。あとiPhone率の高さは異常だった気が…。

個人的には、今日は組み込み屋の人はいないだろうなぁ、福岡はWebのデザイナーさんやWebアプリ屋さんのコミュニティが強力だから、今回もその延長線かなと思ってちょっとアウェイな気分だったんですが、組み込み系の方も少ないながら数名いらしたようですね*1

全体的には予想通り、端末ユーザーの方とWeb系の方が大部分だったようです。

日本Androidの会事務局長のnoritsunaさんによる説明の内容も、ちょうどAndroidってどんなの?という人向けにはマッチしてて良かったと思います。ご本人はグダグダと言いつつ、noritsunaさんの軽快なトークが続いてました。

そして、日本Androidの会・福岡支部の支部長は、しかじろうさんに決定!

早ければ8,9月あたりに勉強会やるかも、とのこと。

どうにも顔見知りの人が一人もいないのと所用で懇親会は参加せずに帰ってきたけど、また機会があれば勉強会に参加するかも。

のりつなさん、きしださん、そして参加の皆さん、お疲れ様でした!。

とりあえず私はNative層のFramework部分を仕事がらみで調査してたりして、このブログでも小ネタをいくつか書いています。逆にアプリを触るほうまで手が回ってないですね。組み込みとかNative層ネタであればこのブログに公開していこうと思っています。ニーズはあまり無いでしょうけど。

以下、箇条書きでメモしてたことをとりあえず。★がついてるのは私のコメント。

====

  • Androidの会について
    • もっとも活発なワーキンググループは3つ(SDK、勉強会、組み込み)
      • ★Androidの会のGoogleGroupを見ててもそんな感じ
    • キャリア、メーカー、ユーザー間のサイクル
  • BeagleBoardをベースに「オレオレ携帯」を作れる
    • ブリリアントサービスさんが弁当箱大のものを作った。WSIMを使って。
      • ★ブリリアントサービスさんは、ポーティングやNative層の情報を積極的に公開していて参考になる。JNIを調べてる時に公開されてる資料で助けられた
  • DalvikVM上でいろんな言語が動いててJava以外でもアプリが作れたりする。もちろんGoogle的には非公式。
    • Ruby、Lisp、Javascript、Pythonなど
  • 全てがオープンな環境
    • その気になればなんでもできる
      • ★携帯端末に限らず、下回りだけ移植して使うとか好きなコンポーネントだけを使うというやり方もできる。実際、AndroidのLinuxカーネルではなくDebianなどにAndroidの差分を移植して、ということをやっている人もいる
    • ホーム画面(待ち受け)もアプリなので差し替えができる
      • ★HTC HeroやoPhoneはホーム画面を独自のに差し替えてるはず。特にHTC Heroはtouch FLOというHTCお得意のUIが入ってる
  • Cupcakeの次バージョンDonutについて
    • DalvikVMのブラッシュアップ(バグが多いので品質向上、パフォーマンスも?)
    • 全体的な高速化が入るかも
    • リリースは秋から冬くらいか?
    • 何を入れてくるのか、いつリリースするのかはGoogle次第で情報が無い
      • ★先日海外で発売されたHTC HeroはDonutベースという噂があるので、HTC Heroに載っている機能がDonutに入るのでは。Heroに先行で入ってるが、AdobeがFlashエンジンを10月くらいに?公開するはず。
      • ★HTCはOHAに加盟してるのでGoogleと協力可能で、かなり先行して新機能の提供を受けてると思われる
  • oPhoneはすごい
    • AndroidにiPhoneそっくりのUIを乗せた端末。中国のBORQS社製。
    • 実はBORQS社はGoogleよりAndroidの技術力は高いかもしれない?
      • ★oPhoneについては初耳。こんな端末があったのか。調べてみたらソースも公開されてるようだけど、これ動かしたらiPhoneルックなUIを見れるんだろうか?時間があればやってみたい。
  • 開発系の話し
    • ContentProvider
      • 他のアプリからもデータを参照させることができる。
      • どこまでのデータを見せるか権限をかけることができる。
        • ★まぁそうだよね。ちょうどここは勉強しようと思ってたのでちょうど良かった
      • データはSQLiteに限らず、SDカードにも置ける
  • オレオレ携帯を作る
  • ハード関係で支援してくれる企業
    • パーツの小売り
    • 回路設計、基板制作…P板ドットコム
    • 筐体作製…MEFS
    • 団体…EMS-JP
      • ★今日一番聞いてて楽しかったところ。
      • ★P板ドットコムは回路設計までやってくれるのは知らなかった。基板制作は知ってた。筐体まで作ってくれる会社あるんだな…。
      • ★コストの話しでトータル50万くらいと言っていたけど、市販の携帯電話のハードの原価などを考えると、カスタムメイドでもそこまで高いという印象はない
      • ★特に今はBeagleBoardをはじめ安価で高性能な評価用ボードがあるので、色々試すだけならもっと安価にできる。BeagleBoardについてはこのブログでも色々書いてきてる
  • AndroidMarket
    • UIが使いづらい
      • スクリーンショットが載せられない
      • 説明分があまり多く書けない
    • ユーザーの反応が厳しい(アメリカのMarket)
      • 既存アプリと機能が被るアプリを出すと叩かれる空気がある。自分のが高機能であっても。
      • ★Market上の空気感の話しはとても興味深かった。iPhoneはどうなんだろう?
    • Marketには無審査で登録される
      • ある一定レベルの「通報」があるとMarketから消される
      • アプリのセキュリティは、ユーザーが自分で身を守るのが前提
      • インストール時に要求されるパーミッションを確認して怪しくないかを判断
      • ★この辺の「悪意あるアプリ」の防御は、一般ユーザーには敷居が高い感じ。「初心者お断り」。Googleらしいといえばそうなんだけど。
    • HT-03Aと同じ端末がGoogle DevPhoneにラインアップされる(2〜3ヶ月後)
      • ★現行DevPhoneのG1は同僚が買っていたけど、これはHT-03Aベースが出るなら下手すると買ってしまいそうだな…
    • 開発者のうち20%は日本人
    • 現時点では国内で有償配布はできない。
      • ★有償アプリの話しに入った途端に、食いつく人多数。やはりビジネスチャンス狙ってる人が多いんでしょうか
    • ドコモも独自マーケットを開く。こちらはドコモ課金。
      • ★キャリア課金は良い方法。国内は携帯でカード決済の文化があまり無いはず。
      • ★ドコモのマーケットと本家Marketと分散してしまわないだろうか?ドコモのマーケットは審査が厳しそうな予感。
  • *1: 携帯端末の開発経験者は私だけだったっぽいけど

近ごろ興味を持ってるもの(コンピュータ関係)

最近、興味を持っているものの一覧。

自分への備忘録も兼ねて、たまに書いていこうかと。興味が移るのが早い人なので、何か見て「面白そう」と思ったときにメモしとかないとすぐに忘れちゃうのよね…。

でもこれだけ全部やろうと思ったら、時間が全く足りないのだけは確実。なので優先度つけてやっていくしかないね。そのうちに別のに興味持ったり、持たなくなったりって感じで項目も入れ替わっていくだろうし。

組み込み、電子工作系

  • Marvellの”SheevaPlug”Linuxキット($99)
    • 安価なARMデバイス。I/Oもいろいろ出ているようだ
  • JTAGデバッガ
    • ARMデバイスを本格的にやるなら必要。↑のデバイスとか、BeagleBoardで使いたいのだけど何を買えば良いのかちんぷんかんぷん。
    • Olimexのこのあたりか、Flyswatterとかいうやつか。CPUチップによっても使えたり使えなかったりするんだろうか。まだ詳しくない。
  • Linuxカーネル、ドライバ周り
    • 組み込みLinuxをやるならこの辺の知識も
  • BeagleBoard
    • 買ってからLinuxをちょっと動かしただけで満足してしまってるので、何か次のステップへ。
  • Arduino
    • 電子工作と組み合わせて何か作りたい。
  • ブレッドボード
    • 電子工作の基礎を勉強するときに。

Webアプリ、LL系

  • CakePHP
    • 今勉強中。昔作ったプレーンPHPの小さなアプリと同じ物を作る学習中
  • Rails
    • Rails2.3とか出たみたいだけど、またいろいろ変わってるとかいう噂
  • Ruby1.9
    • 高速化されたのでいずれは。互換性など1.8と違ったりでハマるポイントありそう。
  • Rubyそのもの
    • 1.9とか言う前に文法もろもろ勉強しないと。頭の中での動作イメージをさくっとコードに落とせるくらいにはなりたい。
  • NetBeans
    • RubyとPHPでの開発に使い始めた。JavaFXとかにも対応するし、そのうち6.7が出る
  • JavaFX
    • Adobe AIRとどっちが取っつきやすいだろうか…

その他

  • emacs
    • テキストエディタ勉強会を見て、n回目のチャレンジ。編集系のコマンドを新しくいくつか覚えた。でも常用には至ってない。
    • 未だにvimとどっちを覚えればいいのか迷う
  • 画像処理のアルゴリズム
    • 微妙に仕事と絡んでるので
  • 画像処理、信号処理にかかわる数学
    • 画像処理、信号処理のアルゴリズム勉強するには、数学分からないと辛い。でも数学は勉強の中で一番苦手だったからなぁ…
  • iPhone/Cocoa開発
    • Xcodeの使い方と、Objective-Cから勉強しないと。iPhone関係も書籍が揃い始めてるから手をつけたいんだけど。
  • Sage
  • Mac
    • Mac miniの新型に期待。もしくはMacbookの買い換えも視野に入れる
  • Netbook
    • 外でPCを使いたいシチュエーションが増えるのなら。

Web/IT系とエンベデッド系の違いを妄想する(2)

昨日のエントリの続きのようなものです。

あれからさらにいろいろ考えてみて、それぞれの業界の違いとして「核となる地域」の有無があるのかも、と。

まず、Web/IT系は情報・流行の出所が東京中心。

技術者やギークが集まってるのも東京だし、企業が集まってるのも東京。東京からの流行がブログやコミュニティ経由で地方に流れてくる感じで、「情報の出所となる地域」がはっきりしている。

一方、エンベデッド(組み込み)はメーカー系企業の例で言うと、開発現場は地方にある工場とか事業場とか研究所とかそういうところが多くて比較的、全国に散らばっているイメージがある。なのでWeb系の東京のように、業界の中心はここだ、というレベルまでどの地域も情報や人が集積していないのではないだろうか。

地方の少し奥まったところにある工場の開発棟みたいなところで仕事していると、外の世界に触れることが少ないし、近くに他の企業も無かったりして、コミュニティが形成されることもなく情報の発信も少ないのかな…と想像。

…実際はどうかわからないけど、メーカーについてはけっこう当てはまるのではないかな。

一方でメーカーに比べて自由に行動できる、大学の研究室やベンチャー系企業が、このあたりの”糊”の役割をしているケースもあるけど、まだまだ業界として盛り上がりは少ない感じ。SESSAMEのように色々活動している団体もあるけれど、「ユーザーグループ」とか「有志」というレベルでのカジュアルなものでは無い感じ。

どうしても「産官学」とかいう枠組みになってしまうね…。まぁPCとネットだけあってもターゲットとなるデバイスが無いと組み込みは難しいから、デバイスの開発とかやろうとするとお金がかかったり、それなりに知識が必要だったりするからなのかな。

最近でこそ、コストの安いハードでArduinoとか、BeagleBoardが出てきたし、OSにしてもLinuxとかAndroid、iTRONあたりのフリーでかつPCでの知識がある程度応用できる環境が揃い始めてるから、やりようによっては組み込みに対する敷居を下げることはできるかもしれないし、そういう流れが起きることに期待したい。


本を買ってきた

ビックカメラのポイントが貯まってて、特に買うものないなぁと思っていたんだけど、書籍を買ってポイント使えばいいことに気づいた。

とりあえず荷物が増えすぎないように今日はこの2冊。

日経 Linux (リナックス) 2009年 03月号 [雑誌]
日経 Linux (リナックス) 2009年 03月号 [雑誌]
日経BP出版センター 2009-02-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

BeagleBoardの記事があるので。

日経Linuxは創刊した当初にしばらく買ってたけど、正直なところまだ存在してたのかという感じ。創刊がLinux自体の認知度が少しずつ上がってくるくらいだったのでかなり昔のはず。

CakePHP ポケットリファレンス (Pocket Reference)
CakePHP ポケットリファレンス (Pocket Reference) 株式会社ブルーオーシャン 岡田 佳典

技術評論社 2008-06-18
売り上げランキング : 7672

おすすめ平均 star
starこれだけで作れそうです。
star現状のCakePHPリファレンスでは最良
starサンプルコードがもう少し丁寧であれば5つ星

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Railsより先にCakePHPを。

レンタルサーバで何か動かそうと思ったら、FastCGIが使えずに遅くなってしまうRailsより、CakePHPで作ったほうが楽だから。

CakePHPはRailsに似ているらしいので、先にこっちに慣れて後からRailsに応用できたらいいな、という目論みもあるのだけど。


BeagleBoardの話題が増えてきた?

ここ何日か、”BeagleBoard”の検索キーワード経由でのアクセスがとても増えてる。

私のブログにはそう大した記事が無いのでちょっと申し訳ないんだけど、BeagleBoardが低価格Linuxボードとして認知されつつあるんだろうか。

どうも、最近発売された日経Linuxで特集組まれたせいもあるのかな。

昨日の会社帰りに天神の黒木書店でちょっとだけ立ち読みしてきたんだけど、雑誌でBeageBoardの解説が載るのはかなり珍しいんじゃないか。

あまり細かく読んでいないけど、ブート周りとか、提供されてるLinuxイメージ、Androidイメージの動作のさせ方の手順とか書いてあったようなので、とっかかりには良い記事かも。

私も買おうかと思ったけど、1500円くらいしたのでちょっと躊躇してやめてきてしまった…。ビックカメラのポイントが貯まってるのでビックで買おうかと。

組み込み系のLinuxと言えば、昔はシャープのZaurusとか、近ごろでは玄箱とかあったわけだけど、BeagleBoardは処理能力のポテンシャルが高いところと、それにしては価格が安いところがポイントだろう。ARM Cortex-AアーキテクチャのCPUだし、DSP乗ってるし。

ただ、Zaurusや玄箱と違って、使うためにはUSBハブやらキーボードやらシリアルやら繋げないといけない*1とか、BeagleBoard単体ではあまり意味が無いところもある。いろいろ繋げると場所取るし。

BeagoeBoardをベースに、キーボードやLCDやネットワークをつけて持ち運べるようにしたものが、OpenPandoraなはずなので、これが早く発売されるとまたいろいろ盛り上がりそうなんだけどな…。オープンソースハードウェアで、かなり個人プロジェクトな感じなのでちゃんと量産まで行くかどうかって心配はあるのだけど。

  • *1: 用途によってはネットワークだけ繋いでブートさせるだけでもいいんだろうけど


スポンサーリンク