MISRA-Cの規格って無料では手に入らないようだ

コードの品質というあたりを色々考えたり調べ物したりしている時に、ふとMISRA-Cのコーディング規約ってどんなのだろうと気になって調べてみたんだけど、どうも無料では手に入らないっぽい。

コーディング規約なので、そんなに突拍子も無い内容ではないと思うんだけど…。

日本語での情報

規格書

日本語訳された規格書は、自動車技術会というところでテクニカルペーパー”TPTP-01002 (J) 自動車用C言語利用のガイドライン(第2版)”という名前で販売されているのだけど、

一般価格: 10,500円   会員価格: 8,400円   送料: 300円  

という値段。個人じゃ無理。なんかJIS規格書みたいな感じの商売。

解説書

で、規格書では無く「解説書」というものであれば以下の本があるようだ。約4000円なので安くは無いけど。

組込み開発者におくるMISRA‐C:2004―C言語利用の高信頼化ガイド
組込み開発者におくるMISRA‐C:2004―C言語利用の高信頼化ガイド MISRA‐C研究会

日本規格協会 2006-10
売り上げランキング : 177207

おすすめ平均 star
starMISRA-C:2004は、MISRA-C:1998の改訂版

Amazonで詳しく見る by G-Tools

また、MISRA-Cに一部が似ているコーディング規約としてまとめた以下の書籍もある。

改訂版 組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C言語] (SEC BOOKS)
改訂版 組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C言語] (SEC BOOKS) 独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

翔泳社 2007-07-25
売り上げランキング : 26829

おすすめ平均 star
star何を書くときのガイドか

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Web上

Web上では、技術レポート「MISRA-Cルールに基づいたプログラミング」というサイトに一部だけ、抜粋されて出てきている。

英語

規格書

本家MISRAのWebサイトより、購入できる。書籍形態で40ポンド、PDFで10ポンドらしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク